最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
FC版悪魔城風アクションゲーム『Odallus: The Dark Call』、Wii Uリリースを目指したストレッチゴールを設定

FC版悪魔城風アクションゲーム『Odallus: The Dark Call』、Wii Uリリースを目指したストレッチゴールを設定

2013年7月18日(木) 14時10分
  • 『Odallus: The Dark Call』の画像
    『Odallus: The Dark Call』
  • FC版悪魔城風アクションゲーム『Odallus: The Dark Call』、Wii Uリリースを目指したストレッチゴールを設定の画像
    FC版悪魔城風アクションゲーム『Odallus: The Dark Call』、Wii Uリリースを目指したストレッチゴールを設定

海外のインディーズスタジオJoyMasherが、現在クラウドファンディングを行っているアクションゲーム『Odallus: The Dark Call』にWii Uリリースを目指したストレッチゴールを設定しています。

『Odallus: The Dark Call』はあの2Dアクションゲームの金字塔『悪魔城ドラキュラ』や『魔界村』に影響を受けた、ダークファンタジー2Dアクションゲームです。ファミコン風8bitグラフィックの採用や探索要素、RPG要素が盛り込まれた、レトロゲームファンにはたまらない内容のタイトルとなっています。



クラウドファンディングはIndieGoGoサイト上で行われており、当初はゲームのサウンドトラック制作のためのコンポーザーを雇い入れることが目的とされていました。が、最終的にゲームの開発を後押しするために、こうしたストレッチゴールが追加されたとのこと。

ターゲットゴールは5,000ドルで、残す期間はあと31日。現在のところは約3,800ドルが集まっており、公式ページからはPC向けのデモ版が配信されています。Wii U対応は55,000ドルが設定されているので、少し遠い目標ではありますが、無事に達成できるのかどうか、動向を見守りたいところです。

(Article written by Ami)

その他アクセスランキング