人生にゲームをプラスするメディア

ポケモンデザイン協力の斉藤むねお先生による「集中線勉強会」と「スクリーントーン講座」が開催決定

その他 全般

スクリーントーン講座
  • スクリーントーン講座
  • ポケモンデザイン協力の斉藤むねお先生による「集中線勉強会」と「スクリーントーン講座」が開催決定
  • 集中線勉強
  • ポケモンデザイン協力の斉藤むねお先生による「集中線勉強会」と「スクリーントーン講座」が開催決定
トキワ荘プロジェクトは、「MANZEMIプロ講座 集中線勉強会・スクリーントーン講座」を開催すると発表しました。

「ジャンプ SQ.マンガゼミナール MANZEMI」(集英社)の著者である斉藤むねお先生、喜多野土竜先生を迎えて開催された、マンガの背景講座、作話講座、デジタル作画講座など、これまで4回行われた講座は、東京、京都ともに大好評で、毎回席数を増やして行われてきました。

今回、そのシリーズの最新講座として、7月28日に「MANZEMI プロ講座 集中線勉強会」(全1回)と、8月4日に「MANZEMI プロ講座 スクリーントーン講座」(全1回)の2つの講座が東京で開催されることが決定しました。また、より多くの方に受講できるようにと、今回はコミックスマートとの共催となりました。

■7月28日開催「集中線勉強会」
・プロとアマで最も差がつく線の美しさを、イリとヌキの集中特訓で追求
・特に差がつくヌキを線のコントロールと共に徹底的に鍛える手法を学ぶ
・やり方を学んだらひたすら実践する会なので、講座ではなく練習会です

■8月4日開催「スクリーントーン講座」
・最小の種類でスクリーントーンの基本を抑える
・人体のトーンは、立体感の把握能力が決め手

■講師プロフィール
・喜多野土竜(きたの もぐら)
複数メンバーによる共同ペンネーム。今回講師を務めるメインライターは1993年青山学院大学文学部日本文学科卒業。出版社に10年と2ヶ月勤務後、独立してフリーに。マンガ原作以外にも月刊少年ライバルの企画記事ページ「ライバルドリームマッチ」のページや「東京近郊動物園・水族館ガイド」などのガイド本の執筆参加や、「世界の王朝興亡史」など歴史関係書籍の執筆や、「時代小説100選」で時代小説の解説を一部執筆。 2011年より京都嵯峨芸術短期大学マンガ分野非常勤講師。

・斉藤むねお (さいとう むねお)
1966年2月15日 東京生まれ。1983年、高校在学中に1984年度第13回小学館新人コミック大賞に「克巳パラドックス」で入選デビュー。高校卒業後後、上條淳士・中津賢也のアシスタントのかたわら、読み切り作品・シリーズ作品掲載、短期集中連載を執筆。その後、週刊少年サンデー、月刊少年チャンピオン、コロコロコミックなどで連載。2010年にジャンプ・スクエア 10月号誌上より「SQ. マンガゼミナールMANZEMI」連載開始し、2011年9月2日に単行本を発売。マンガ以外に『ポケットモンスター 金・銀』に登場するエンテイ・スイクン・ライコウのデザイン協力をする等も。

■開催概要
主催:トキワ荘プロジェクト/NPO 法人 NEWVERY
共催:コミックスマート株式会社
内容:マンガにおける集中線の勉強会 ・スクリーントーンに関する基礎講座
開催日時:
平成25年7月28日 集中線勉強会
平成25年8月4日 スクリーントーン講座
※いずれも日曜日13時30分~17時30分までの講義となります。
定員:各50名
平成25年8月4日 スクリーントーン講座
※「集中線勉強会」「スクリーントーン講座」の片方のみの受講が可能です
※定員に達し次第、申し込みを締め切ります。

開催場所:コミックスマート株式会社 セミナールーム
所在地:〒160-6127 東京都新宿区西新宿 8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー27F
対象者:漫画家志望者(初心者歓迎・年齢不問)
※昨年開催した第1期は初心者から連載漫画家まで幅広く受講していただきました。
当日必要なもの:
【7月28日】
・ペン(ペン先はできれば複数種類用意)
・インク(好みのもの)
・定規2本(15センチ程度のものと長定規)
【8月4日】
・青鉛筆(個人の好みで)
・ナイフ(カッターナイフ/デザインナイフ)
費用:
・集中線勉強会 特別価格 2,000円(税込)
・スクリーントーン講座 受講料 4,000円+画材代 2,000円(税込/画材代はトーン・原稿用紙代など)
申し込み:WEB サイトよりhttp://www.tokiwa-so.net/manzemi/04.html

これまでの開催実績から、非常に専門的かつ詳細な内容になっていきますが、漫画家志望の方は是非参加してみてください。

(C)斉藤むねお
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

    【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

  2. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

    このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  3. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

    人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  4. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  5. スクウェア・エニックス・ホールディングス、新規RPGプロジェクトを発表…「『人生の応援歌』となる物語を届け続ける」新スタジオも発足

  6. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  7. figma「Fate/GO セイバー・リリィ第三再臨ver.」が2017年7月に一般販売決定!

  8. 追悼、ナムコ創業者 中村雅哉―「I Will」の人【Re:エンタメ創世記】

  9. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る