人生にゲームをプラスするメディア

「ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館」スーパーアリーノシート申し込み、定員超えとなる人気ぶり

その他 全般

有野課長
  • 有野課長
  • 「ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館」告知ページ
「ゲームセンターCX」10周年記念アニバーサリープロジェクトのひとつ「ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館」のスーパーアリーノシート先行販売に関して、予定していた定員を上回る申し込みがあったと、当番組担当の菅剛史氏がTwitter上で明かしました。

「ゲームセンターCX」は「有野課長」こと有野晋哉さんがナビゲーターとなり、様々なレトロゲームのクリアを目指す「有野の挑戦状」を始めとする様々なコーナーで構成されているバラエティー番組で、2003年に放送をスタートし、今年で10周年を迎えます。

その記念すべき年を祝って、10周年記念アニバーサリープロジェクトを立ち上げたのは既報の通りですが、「ゲームセンターCX THE MOVIE」や「ゲーム化第3弾」と並び、目玉のひとつとなる「ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館」のスーパーアリーノシート先行受付において、定員を超える申し込みが殺到しました。

今回の情報を明かしたのは、テレビ制作会社「ガスコインカンパニー」代表の菅剛史氏。自身のTwitterアカウントにて、「スーパーアリーノシートがまさかの定員オーバー!」と語っています。




なお、一般指定席の前売チケット(5,000円)は、8月31日(土)以降の受付開始となります。チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスなどで受付を予定していますが、コードなどの詳細はまだ決まっていません。また、指定席の当日販売も予定はされていますが、スーパーアリーノシートのように、事前申し込みだけで定員をオーバーする可能性もあるので、充分ご注意ください。

武道館を舞台にした活躍が冬に予定されている「有野課長」ですが、この夏にも大きな山がひとつあります。ファミコン30周年を記念し、7月18日の20時からフジテレビのCS放送「フジテレビONE」にて「ゲームセンターCX ファミコン30周年生挑戦SP」の放送が予定されています。今回はどんな過酷な挑戦が待ち受けているのでしょうか。

そしてこの番組と連動し、Miiverseに期間限定コミュニティがオープンしました。すでに「有野課長」が投稿しているので、興味がある方はこちらもご覧ください。Miiverseコミュニティの「特集」にある「ゲームセンターCX ファミコン30周年生挑戦SP コミュニティ」にて閲覧できます。

夏に生放送、冬に武道館、そして映画にサントラ、ゲーム化と、多方面で八面六臂の活躍を見せる「有野課長」と「ゲームセンターCX」。次はどのようなサプライズでユーザーを楽しませてくれるのか、寄せる期待は尽きません。

「ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館」は、11月5日に行われます。

(C)FUJI TELEVISION
(C)Shouchiku Geino All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ガンプラ40周年に向けた新プロジェクト始動! 第1弾は“可動を追求”したゼータガンダム

    ガンプラ40周年に向けた新プロジェクト始動! 第1弾は“可動を追求”したゼータガンダム

  2. 【昨日のまとめ】ガンプラ新プロジェクト・第1弾は可動を追求したゼータガンダム、マイニンテンドーストアが徐々に復旧、エラーキャラ「ニンゴジラ」が人気に…など(1/24)

    【昨日のまとめ】ガンプラ新プロジェクト・第1弾は可動を追求したゼータガンダム、マイニンテンドーストアが徐々に復旧、エラーキャラ「ニンゴジラ」が人気に…など(1/24)

  3. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

    【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  4. 「雪ミク」デザインの「WAON」カードが北海道で登場!先行販売は2月6日より開始

  5. マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

  6. あなたの部屋に「エヴァ」の“第3新東京市”が出現! 1/2,500スケールモデルで2017年6月発売

  7. 【レポート】『刀剣乱舞』シナリオ担当・芝村裕吏が語るキャラクター設定とは…「設定作った刀剣は100以上」「和泉守兼定は2つ設定がある」

  8. 『艦これ』「ねんどろいど Pola(ポーラ)」予約開始、もちろん「酔っぱらい顔」やワイン各種も同梱

  9. 【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

  10. 「figma アーチャー」再販が決定、双剣や「カラドボルグII」などでクールな姿を再現可能

アクセスランキングをもっと見る