人生にゲームをプラスするメディア

「神々のトライフォース2はSNSの意見も参考に」プロデューサー青沼氏が明らかに

その他 全般

「神々のトライフォース2はSNSの意見も参考に」プロデューサー青沼氏が明らかに
  • 「神々のトライフォース2はSNSの意見も参考に」プロデューサー青沼氏が明らかに
  • 「神々のトライフォース2はSNSの意見も参考に」プロデューサー青沼氏が明らかに
『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』の開発時、任天堂はMiiverseやツイッターといったソーシャルネットワークでのコメントを参考にしていると青沼英二氏が明かしました。

インタビューを行った海外サイトの記事によると、氏は、もしあまりにもファンの声に耳を傾けすぎると、最終的にはありきたりで分かりきったゲームを提供する事になってしまうと前置きしたのち、インターネットがファンたちの意見発信の手段となっていると指摘。

「我々はそうした意見を聞き入れたのち、ファンたちが求めているものよりも更にいいものを提供する方法について考えている」とコメントしています。

また、オリジナル版のファンたちには本当に嫌いになって欲しくないと吐露。そうならないように必死で取り組んでおり、もし間違ってしまったら自分の才能を疑ってしまうと、笑いながら心境を述べたということです。

青沼氏は先日もFacebook上でファンからの質問に答えるなど、積極的なコミュニケーションをはかっていることがわかっています。新しいファンはもちろん、オリジナル版からのゼルダファンも安心して楽しめる作品に仕上がっていると期待してよさそうですね。
《Ami》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

    【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  2. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  3. 【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

    【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

  4. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

  5. ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

  6. 【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

  7. 「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

  8. 【昨日のまとめ】『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を任天堂が提訴、『艦これ』叢雲改二が1/8フィギュアに、ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし…など(2/24)

  9. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る