人生にゲームをプラスするメディア

A・Bグループの勝者決定!「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトルリーグ」第1回予選の結果が明らかに

ソニー PS3

「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトルリーグ」予選Aグループ
  • 「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトルリーグ」予選Aグループ
  • 「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトルリーグ」予選Bグループ
  • ケンドーコバヤシ氏の見立ては、見事に的中
  • 全敗のホル・ホースに、開発陣からのフォローが
  • 次回の配信まで、アリーヴェ デルチ
  • 『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』ロゴ
『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』に登場する30名のキャラクターが、CPU同士で対戦というレギュレーションのもと、最強キャラを決める「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトルリーグ」の予選が7月3日に行われ、決勝トーナメントに出場する4名が決定しました。

「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトルリーグ」は、6グループからなる予選を勝ち抜けた上位12名と、シード権を持つ3名、そして未だ明かされていない1名を加え、計16名の決勝トーナメントで、栄光の座を奪い合います。

その開幕戦となる、予選A・Bグループの模様を伝える生配信が終了し、今回決勝へとコマを進めた4名が決まりました。

グループAのメンバーは、「モハメド・アブドゥル」「ホル・ホース」「ブローノ・ブチャラティ」「ジョニィ・ジョースター」と、シリーズ主人公は1名のみで、他はそれぞれ味のある主要キャラが固める初戦に。

開発陣曰くトリッキーが売りのホル・ホースは、CPUではその強みが生かし切れなかったのか、全敗という結果に終わりました。対してジョニィは全勝を成し遂げ、主人公の貫禄を見せつけました。

残る1枠を争うブチャラティとアブドゥル。激しい猛攻を浴び1度はブチャラティが倒れますが、キャラ特性を活かし、わずかにライフを回復し立ち上がります。その能力が明暗を分け、僅差でブチャラティが勝利を収めました。結果、Aグループからは、ジョニィとブチャラティが決勝へと進出。

グループBのメンバーは、「シーザー・アントニオ・ツェペリ」「エシディシ」「空条承太郎」「ジャン=ピエール・ポルナレフ」。こちらも、奇しくもグループAと同じく、シリーズ主人公1名と主要キャラが顔を合わせることになりました。

しかも類似したのは構成だけでなく、エシディシの勝敗まで、ホル・ホースをなぞるように全敗となりました。柱の男の面目もありません。そして、同じく全勝を成し遂げたキャラがいますが、こちらは主人公ではなく、シーザーがその偉業を達成します。

主人公であり、一際人気の高い空条承太郎と、彼の旅に同行し、共に死線を超えたジャン=ピエール・ポルナレフが、決勝の椅子を賭けて対決しました。ポルナレフが的確に攻撃を決めれば、承太郎の豪快な一撃が形勢を取り戻す。そんな一進一退の攻防の末、お互い瀕死の状態から紙一重の差で承太郎が勝利を収めました。

こうしてグループBからは、シーザーと承太郎が決勝戦へ進む結果を残し、今回の配信が終了しました。両グループ共に主人公が勝ち上がった順当な結末ですが、承太郎よりも好成績を記したシーザーの活躍ぶりなどは、大方の予想を覆したとも言えるでしょう。また、惜しくも応援投票では4位となりシード権は逃したものの、実力で予選を通過したブチャラティの「覚悟」は、流石の一言です。

まだ予選の1/3が終わっただけですが、波乱含みの闘いが繰り広げられています。今後どのような意外な展開が待ち受けているのか、次の配信にも期待が寄せられます。

『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』は2013年8月29日発売予定。価格は通常版が7,980円(税込)、「黄金体験BOX」が16,980円(税込)です。

(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
(C)2013 NBGI
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

    『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

  2. 現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

    現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

  3. PS Plusの12月配信全コンテンツ情報が公開―1月配信の注目コンテンツも一部公開!

    PS Plusの12月配信全コンテンツ情報が公開―1月配信の注目コンテンツも一部公開!

  4. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  5. 『FFXV』アプデのロードマップ公開―新イベント・強くてニューゲーム・キャラメイク等の追加要素を多数予定!

  6. 細部がより細かく?『人喰いの大鷲トリコ』PS4 ProとPS4の動作比較映像!

  7. 『スクールガールゾンビハンター』では“使用済み下着”もデコイにできる!謎の男「レン」や恐怖の「コピーゾンビ」なども公開

  8. 【レポート】豪華キャストそろいぶみ!『龍が如く6 命の詩。』完成披露会が開催

  9. 5分でわかる『サガ スカーレットグレイス』―ストーリーからシステムまで網羅!

  10. 『龍が如く6 命の詩。』プロローグが公開、桐生はいかにして広島へ足を踏み入れるようになったのか…

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top