人生にゲームをプラスするメディア

【ゲーム会社訪問】第4回 コーエーテクモゲームス(前編)

その他 全般

コーエーテクモゲームスに行ってきました
  • コーエーテクモゲームスに行ってきました
  • こちらはジェミニビル
  • 本社はこちらです
  • ゲーム会社には見えないモダンな造り
  • 景観を損ねぬように配置されたロゴ
  • 立身出世の縁起物、鯉の滝登り
  • 太陽と月が出迎えてくれます
  • 地面には天使と星のモチーフ
様々なゲームソフトを開発し、我々ゲームファンを楽しませてくれるゲームソフトメーカー。そんなゲーム会社へ実際にお邪魔し、その会社の様子をフォトレポートでご紹介。第4回はコーエーテクモゲームスです。

コーエーテクモゲームスは、株式会社コーエーとテクモ株式会社が2010年4月に統合され誕生した会社です。『信長の野望』シリーズをメインとした歴史シミュレーションから『真・三國無双』『戦国無双』『DEAD OR ALIVE』『NINJA GAIDEN』シリーズといったアクション、さらには女性向け恋愛ゲーム『ネオロマンス』シリーズと、幅広い年齢層に人気のある作品を発表し続けています。

本社は神奈川県横浜市。東急東横線日吉駅より徒歩5分の位置にあります。線路そばに建つ「太陽」の壁画があるビル有名ですね。雨の日も風の日も燦然と輝く太陽、インパクトありすぎです。ですが実はこちらが本社ではなく、東急東横線を挟んで反対側が本社ビルとなっています。外見はおよそゲームメーカーとは思えないモダンな造り。メーカーロゴも控えめで、まるで西洋美術館のような印象です。

■黄道十二星座をモチーフにしたハイセンスなデザイン
ORエントランスは大理石がふんだんに使われており、高級感が漂っています。エントランスや廊下に飾ってある絵画は黄道十二星座がモチーフなんだとか。太陽の壁画がある建物は6月の竣工にちなんで、ふたご座から「ジェミニ」と名付けられて、太陽のまわりにも十二星座が描かれています。この独特の壁画や絵画は世界的なグラフィックデザイナー・永井一正氏のデザインによるもの。なるほどハイセンスなわけです。

■応接室は源平合戦
エントランスの次に応接室に案内されました。入ってすぐに目がいったのは巨大な源頼朝肖像画と平重盛肖像画。さすが歴史ゲームに定評のあるコーエーテクモゲームス。源氏と平家の大将が睨み合っている応接室なんて緊張感が半端じゃありませんね。しかしこの部屋からは別の緊張感が・・・よく見渡すと入り口から向かって左奥、ド派手なカブトムシとクワガタムシのオブジェがあるではないですか。怖い、とにかく怖い! カブトムシは笛を持っていて、クワガタムシは刀を持っています。源平の大将がいることですし、これは笛の名手だった平敦盛と熊谷直実の一騎討ちをモチーフにしているのでは? まさかと思い聞いてみたところ、「偶然イメージが一致した」のだとか。

応接室の横の中庭には豊臣秀吉の馬印「瓢箪」っぽいオブジェが置かれています。こちらもコーエーテクモゲームスらしいですね。枯山水のようで、どこか近代的な雰囲気が漂っています。

後編に続く。
《みかめ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  2. 【昨日のまとめ】『ポケモン ダイヤモンド・パール』10周年記念イラスト、海外ゲーマーがクリア後の“エンドクレジット”で議論、ジブリ風な『ゼルダの伝説』ファンメイド映像…など(9/28)

    【昨日のまとめ】『ポケモン ダイヤモンド・パール』10周年記念イラスト、海外ゲーマーがクリア後の“エンドクレジット”で議論、ジブリ風な『ゼルダの伝説』ファンメイド映像…など(9/28)

  3. 今年も本屋に住める!ジュンク堂に泊り込むイベント10月開催…もちろん本読み放題

    今年も本屋に住める!ジュンク堂に泊り込むイベント10月開催…もちろん本読み放題

  4. ジブリ風に『ゼルダの伝説』をアニメ化!?雄大な自然を描いたファンメイド映像

  5. 海外ゲーマー、クリア後の“エンドクレジット”について議論…「誰が読むの?」「飛ばせないのはやめて!」

  6. ナンジャタウンに「シン・ゴジラ 第二形態」が上陸…まさかのアイスに

  7. 【昨日のまとめ】侵略から脱衣まで!D3Pの最新3作に迫るインタビュー、『スプラトゥーン』立体パズルが登場、ヒロイン全員死亡の恋愛ADV『セヴンデイズ』制作決定…など(9/27)

  8. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  9. 手軽に画像をゲームボーイ風に加工!「GB Pic」でインサイドちゃんもあの懐かしい雰囲気に

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る

page top