人生にゲームをプラスするメディア

あのヒロインの声優も判明!『超ヒロイン戦記』 ─ ストーリーやキャラクターの詳細が発表

ソニー PS3

麗夢の声をあてるのは…!?
  • 麗夢の声をあてるのは…!?
  • 『超ヒロイン戦記』ロゴ
バンダイナムコゲームスは、PS3/PS Vitaソフト『超ヒロイン戦記』の公式サイトをリニューアルオープンし、ストーリーとキャラ紹介を公開しました。

『超ヒロイン戦記』は、本来出会うことのないはずのスーパーヒロイン達が、混沌から世界を救うべく、作品の垣根を越えて集うシミュレーションRPGです。第一報では、参戦作品を紹介するムービーが中心でしたが、今回公式サイトがリニューアルオープンしたことで、本作の背景やキャラクター達の詳細が判明しました。

ヒロインたちは、世間からは真の姿を隠し、日常へ溶け込みごく普通の生活を送っていました。ですが、その平穏はつかの間に過ぎず、何の前触れもなくいびつな生物達が、世界を浸食していきます。そんな折り、謎の閃光と共に、別世界のヒロインたちが出現します。はたして異世界のヒロインたちは、敵なのか、味方なのか。そして世界が混沌へ没するのを阻止できるのか、その全ては、ヒロインたちの活躍にかかっています。

こういった物語から始まる本作は、あらすじからも分かるように、様々な作品世界のヒロイン達が一堂に会します。今回のリニューアルで、参戦キャラの声を担当する声優もそれぞれ公開されたので、併せて紹介します。

「快盗天使 ツインエンジェル」は、レッドエンジェルを田村ゆかりさんが、ブルーエンジェルを能登麻美子さんが演じます。一時代を築いた「Di Gi Charat」はそのタイトル通りデ・ジ・キャラットが、真田アサミさんの声で登場。

「戦姫絶唱 シンフォギア」の立花響は、悠木碧さんが担当します。「ひぐらしのなく頃に」からは、中原麻衣さんが声を当てる竜宮レナが推参。「インフィニット・ストラトス」の篠ノ之箒は、日笠陽子さんが声をあてます。

また、「すーぱーそに子」からはすーぱーそに子が出演し、声を当てるのはすーぱーそに子さん。「京騒戯画」のコト役は釘宮理恵さん、「緋弾のアリア」神崎・H・アリアは、釘宮理恵さんが担当し、「ゼロの使い魔F」のルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは、釘宮理恵さんが演じます。

そして、まさかの参戦と言われた「DREAM HUNTER 麗夢」からは、こちらもタイトル通りに綾小路麗夢が、松井菜桜子さんの声で降臨します。

様々な作品がクロスオーバーするゲームなどでは、それぞれの作品が発表された時期や状況も異なり、やむを得ない事情で声優が変更される場合も少なからずあります。ですが『超ヒロイン戦記』は、ヒロイン全員がオリジナルと変わらない声で登場します。それぞれのヒロインのファンは、今回の公開で、大きな不安がひとつ払拭されたと言っても過言ではありません。

唯一、すーぱーそに子だけが若干判断に悩むところもありますが、ここは公式の発表を信じましょう。

そして、今回紹介されたのは、彼女たちだけではありません、本作には3人のオリジナルキャラクターの参戦も決まっています。しかも、それぞれ別のデザイナーが担当しており、オリジナルキャラ同士でもデザイナー同士のクロスオーバーがなされています。

オリジナルキャラクターのひとりめは、王道ヒロインといった風情の「ノエル=風祭」の声を担当するのは佐藤利奈さんで、デザイナーは、『ラングリッサー』や『グローランサー』などの人気作のビジュアルを担った、うるし原智志氏です。

ノエルと双璧を成す、もうひとりのオリジナルヒロイン「める=らんしぇる」を演じるのは金元寿子さんで、「リアライズ」などを手がけた、水無月徹氏がデザインを担当しました。

最後に、ただひとりの男性キャラとなる「クロード」の声をあてるのは下野紘さん。そして、近作では『CONCEPTION』シリーズのキャラデザイナーである大塚真一郎氏が描いています。

数多くのヒロインが集結する『超ヒロイン戦記』。声優が変更されることもなく、また作品だけでなくデザイナーのクロスオーバーまで実現しており、安心とサプライズに溢れた公式リニューアルとなりました。残念ながら発売日などの詳細は決まっていませんが、大事なポイントをしっかりと押さえてくれるスタッフを信じ、今は続報に期待しましょう。


『超ヒロイン戦記』は、発売日・価格ともに未定です。

(C)Sammy
(C)東映アニメーション/京騒戯画プロジェクト
(C)BROCCOLI
(C)Project シンフォギア
(C)2006-2013 Nitroplus
(C)2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通
(C)2011 赤松中学・メディアファクトリー/東京武偵高校
(C)2011 Izuru Yumizuru,MEDIA FACTORY/Project IS
(C)2012 ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔F製作委員会
(C)2013 SEIJI OKUDA All Rights Reserved
(C)2013 NBGI
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『FGO』のマシュとVRで会える! PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表

    『FGO』のマシュとVRで会える! PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表

  2. 【PS Vita DL販売ランキング】『ニューダンガンロンパV3』首位、『東京新世録オペレーションアビス』2位ランクイン(1/20)

    【PS Vita DL販売ランキング】『ニューダンガンロンパV3』首位、『東京新世録オペレーションアビス』2位ランクイン(1/20)

  3. 『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

    『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

  4. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  5. 『GOD WARS』PS4向けの新たな体験版を2月9日に配信! 独特な世界観を鮮やかに表現する最新映像もお披露目

  6. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

  7. PS4『仁王』最終体験版のプレイムービーが公開―ウィリアムが雑魚に苦戦…!?

  8. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  9. 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に

  10. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

アクセスランキングをもっと見る