最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
『ルイージマンション2』を手掛けたカナダのスタジオNext Level Games、さらに多くの任天堂タイトル制作へ意欲

『ルイージマンション2』を手掛けたカナダのスタジオNext Level Games、さらに多くの任天堂タイトル制作へ意欲

2013年6月6日(木) 12時09分

3DSタイトル『ルイージマンション2』を手掛けたNext Level GamesのKen Yeeloy氏とBryce Holliday氏が、海外サイトのインタビューに回答をよせ、さらに多くの任天堂タイトルを手がけたいという意気込みを伝えています。

『ルイージマンション2』のプロデューサーKen Yeeloy氏は、タイトルリリースのたびにステップアップしていくような感覚だったのではないかという問いかけに、「まぁそんな感じですね」と笑いながら返答。また、「自分たちは任天堂タイトルを復刻させることができるチームという認識をされていたと思うし、任天堂と協力し、ハイクオリティなゲームを作り上げるための技術力を固めてきた。次は一体どんなIPを手掛けることになるのか楽しみでしようがない」と語っています。

さらに、次は何を作りたいですかという率直な質問に対しては、『ルイージマンション2』のディレクターをつとめるBryce Holliday氏が回答をし、「どんな任天堂IPでも歓迎するが、もし叶うのならばゼルダかマリオのゲームを手がけてみたい」と、その胸の内を明かしています。

Next Level Gamesは、過去ゲームキューブで発売されたアクションスポーツゲーム『マリオストライカーズ』、Wii用のボクシングゲーム『パンチアウト!!』のほか、最近では3DSタイトル『ルイージマンション2』といった任天堂タイトルを手掛けるカナダのゲームスタジオです。

任天堂の正式なセカンドパーティではない独立したスタジオではあるものの、新しいユーザーに向けて旧タイトルをリブートするという点については、レトロスタジオと似たものがあるように感じられます。

これまでの功績からみても要注目と言えるNext Level Gamesが次に示すタイトルは何なのか、今から楽しみです。

(Article written by Ami)

その他アクセスランキング