人生にゲームをプラスするメディア

【週刊マリオグッズコレクション】第239回 ゲームの名場面をアクションとサウンドで再現!「New スーパーマリオブラザーズU サウンドフィギュア」

その他 全般

ファイアマリオ・パッケージ
  • ファイアマリオ・パッケージ
  • ファイアマリオ・表
  • ファイアマリオ・裏
  • ファイアボールを投げて攻撃
  • ファイアマリオアップ
  • 10コインブロック・パッケージ
  • 10コインブロック・表
  • 10コインブロック・裏
第239回です。今回ご紹介するのは、マルカより発売中の「New スーパーマリオブラザーズU サウンドフィギュア」です。フィギュアを動かすと、アクションに合わせてサウンドが鳴る「サウンドフィギュア」に、新しいシリーズが登場しました。

今回も、ゲームの名場面を再現した2種類が登場。1つは、「ファイアマリオ」。ファイアボールを投げてクリボーを倒すシーンが再現されています。ファイアマリオの頭を押すと、ファイアボールをボッ♪投げてクリボーにポコ♪っと当たって倒します。ちゃんと放物線を描くように動くのも細かい。このシリーズは本体裏側のスイッチをONにすると音が鳴るようになるのですが、もちろんOFFの状態でもアクションは楽しめます。

そしてもう1つは「10コインブロック」。連続でブロックを叩いてコインを出すシーンが再現されています。本体裏側にあるレバーを引くと、マリオがジャンプしてゴン♪っとブロックを叩いてコイーン♪とコインが飛び出します。個人的に感心したのは、ただマリオとコインが連動して上下に動くだけではなく、マリオがちゃんとブロックを押し上げてコインが出ているところ。ゲームを遊んだ人ならわかると思うのですが、マリオがブロックを叩くと、ブロックが若干上がるんですよね。そこまで再現されている細かさ。そして、10回叩くと1UPの音が鳴るのも良いですね。うーん、細かい・・・。

作品は『New スーパーマリオブラザーズU』ですが、どちらもファミコン時代から親しまれてきたアクションなので、幅広い層に分かるのが良いですね。価格は各788円(込)です。
それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

    クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

  2. 【昨日のまとめ】『シャドウバース』第3弾カードパックの特設サイト公開、「PSVR」12月17日より追加販売が実施、『FFXV』×「カップヌードル」の“コラCM”…など(12/5)

    【昨日のまとめ】『シャドウバース』第3弾カードパックの特設サイト公開、「PSVR」12月17日より追加販売が実施、『FFXV』×「カップヌードル」の“コラCM”…など(12/5)

  3. 【週刊インサイド】新エンディング追加の『青鬼 2016』に関心高まる…『艦これ』フィギュアや、ドラマ「逃げ恥」と『PSO2』の意外な接点にも注目

    【週刊インサイド】新エンディング追加の『青鬼 2016』に関心高まる…『艦これ』フィギュアや、ドラマ「逃げ恥」と『PSO2』の意外な接点にも注目

  4. セガ、「セガフェス」チャリティの売上金額を発表―お金は被災地支援NPOに全額寄付

  5. 『Fate/EXTELLA』ネロ・玉藻の前・アルテラがウォークマンやヘッドホンに! オリジナルパッケージでお届け

  6. 株式会社カラー10周年記念冊子の通販開始…本体価格は無料! 送料162円のみでお届け

  7. AC『ポッ拳』こうていポケモン「エンペルト」がバトルに参戦!12月15日より登場

  8. NHKスペシャル「戦艦武蔵の最期」12月4日より放送―深海に眠る“今”の姿とは…?

  9. 『閃乱カグラ』高木Pの自宅に行ってみた…地下室で語られた、爆乳Pの原点や最新作の魅力とは

  10. 【昨日のまとめ】PS Vita版『PSO2』のアップデート容量が16GBのメモカを超える見込み、「PlayStation Experience 2016」開催スケジュール、VR空間でプラモを作る 『Monzo VR』…など(12/3)

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top