人生にゲームをプラスするメディア

PS4インタビュー第5回目は『Killzone Shadow Fall』の開発者 ─ 「システム上の制約がほぼない」

ソニー PS4

マイケル・ヴァンダルー氏
  • マイケル・ヴァンダルー氏
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、PS4インタビュー映像シリーズ「Conversations with Creators」の第5回目を、公式コミュニティサイト「プレコミュ」にて公開しました。

インタビュー第5回目は、PS4に『Killzone』シリーズの最新作『Killzone Shadow Fall』を発売予定のゲリラゲームスから、エグゼクティブプロデューサーのアンジー・スメッツ氏、ゲームディレクターのスティーブン・ターハイド氏、テクニカルディレクターのマイケル・ヴァンダルー氏の三人が、PS4での開発環境の手応えや実感などを語ります。

『Killzone Shadow Fall』は、既に公開されているプレイ映像が既に高く評価されており、緻密に描き込まれた都市の様子にはファンから賞賛が集まっています。この美しいグラフィックがどのような環境で開発されたのか、その秘密の一端がこの動画で明かされます。



アンジー・スメッツ氏は、PS4の性能の高さがリアルな表現を可能にしたと語り、同時に展開される映像はその発言を裏付けるように、近未来風都市の上空を飛ぶ美しいグラフィックが圧倒的な存在感を持って現れます。

またスティーブン・ターハイド氏は、これまでにあった高度なライティングや精密なパーティクル効果などといった素晴らしい技術を、すべて組み合わせて表現できる点を、PS4開発の利点として上げました。

インタビューと同時に、広場らしき場所を大勢の人が行き交うゲーム映像が流れます。ひとりひとりがきめ細やかに描かれ、動きも実にナチュラルかつなめらかです。そして、突如ビルから爆炎が上がりますが、この表現も圧巻で実に見応えがあるものになっています。これが組み合わせで生まれた表現の結果ならば、PS4の大きな利点となるでしょう。

そしてマイケル・ヴァンダルー氏は、「システム上の制約がほぼないので、いつもの開発環境を最大限かつ効果的に利用し、よりスムーズに動き、より面白いゲームを開発することに集中できるのです」と力強くコメントしました。開発者が純粋にゲーム開発だけに集中できるという環境は、ユーザーにとっても嬉しい状況です。

PS4に対して三者三様の切り口で、しかし全員が等しくPS4の開発環境に満足していることが如実に伝わるインタビューとなりました。

「PS4で我々クリエイターは、ゲームとは到底思えないようなリアルなゲーム体験の創造に挑戦しますよ」と最後に語られた『Killzone Shadow Fall』の挑戦がどのような創造を生み出すのか、発売される日が待ち遠しいばかりです。



公式サイトには『Killzone Shadow Fall』のトレイラーもありますので、興味がある方は併せてご覧ください。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

    【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  2. 『DARK SOULS III』DLC第2弾「THE RINGED CITY」3月28日配信!本編+DLCのオールインバージョンも発売決定

    『DARK SOULS III』DLC第2弾「THE RINGED CITY」3月28日配信!本編+DLCのオールインバージョンも発売決定

  3. PS4/Xbox One/PC版『鉄拳7』各種特典情報―予約特典は追加キャラ「エリザ」!

    PS4/Xbox One/PC版『鉄拳7』各種特典情報―予約特典は追加キャラ「エリザ」!

  4. PS4/Xbox One/PC版『鉄拳7』の発売日が決定!―新トレイラーも披露

  5. 「SIE PlayStation VRタイトルセール」、26日よりPS Storeにて開催―最大50%OFF!

  6. 『DOA Xtreme 3』PSVR専用モード「VRパラダイス」は1月24日配信に、製品版を持っているユーザーには期間限定で無料配布

  7. 『バイオハザード7』序盤ストーリーダイジェスト公開―無料DLC「Not A Hero」の情報も

  8. 日本一ソフトウェア、デスゲームADV『追放選挙』発表! 妹を殺した9人に復讐せよ

  9. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  10. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

アクセスランキングをもっと見る