人生にゲームをプラスするメディア

東京ゲームショウ2013、メインビジュアル決定 ― GAMEの本質的な部分である「彼女」がイラストに

ゲームビジネス その他

「東京ゲームショウ2013」メインビジュアル
  • 「東京ゲームショウ2013」メインビジュアル
社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)と日経BP社は、「東京ゲームショウ2013」のメインビジュアルが決定したと発表しました。

「東京ゲームショウ2013」のメインビジュアルは、形部一平氏の作品で、想像を超えた「何か」に姿を変えようとしているイメージのイラストになっており、今年のテーマ「GAMEは進化し続ける。」をダイナミックに表現しています。描かれているのは、GAMEの本質的な部分である「彼女」が、さまざまな種類のデバイスやツールをパーツとして身にまとっている姿です。

形部一平氏は、2010年より東京ゲームショウのメインビジュアルを担当。今回の作品に対し、「どこまでも続いていく進化により、GAME自身さえも想像できない新たな段階へと変化を遂げていく。そんな際限なく進化を続ける、GAMEを表現しました。キャラクターはゲームの本質的な部分(コア)。 そして、散らばったパーツはゲームが進化を遂げるためのツールです。時代のニーズによってパーツと合体し、変身するキャラクターのその様こそがゲームの持つ”無限の可能性”です」 とコメントしています。

また、海外向けに日本のアニメ、ゲーム、漫画などの最新情報を紹介するWebメディアである「Tokyo Otaku Mode(TOM)」との提携も発表しました。「Tokyo Otaku Mode」は、海外来場者に向けたお役立ち情報の発信や、会場でのインフォメーションコーナー、ラウンジの運営に協力する予定とのことです。

なお、「東京ゲームショウ2013」出展申込の締め切りは6月7日です。締め切り後は、6月28日に行われる出展社説明会にあわせ、出展社の発表や展示規模、主催者企画などの詳細情報が発表される予定となっています。

「東京ゲームショウ2013」は、2013年9月19日~9月22日までの4日間幕張メッセで開催予定です。

(C) 2002- 2013CESA / Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

    【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  4. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  5. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. スマホゲームのマーケティング専門家集団、AppBroadCastが目指す「脱・リワード依存」

  8. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  9. 「PlayStation VR」3月末より一部店舗と通販サイトで追加販売へ

  10. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

アクセスランキングをもっと見る