人生にゲームをプラスするメディア

ドイツのゲーム会社Shin'en「あくまでもWii Uの味方」

任天堂 Wii U

2011年リリース『FAST - Racing League』
  • 2011年リリース『FAST - Racing League』
多くのゲーマーがWii UをPS4やXbox Oneと同じ次世代機とみなしている一方で、Wii Uは現行機だと言い張る人々がいるのもまた事実です。しかしながらドイツのゲーム会社、シンエン(Shin'en)はあくまでもWii Uを次世代機であると擁護しています。

シンエンはこれまでも任天堂コンソール用のゲームで売上げを伸ばし、最近ではニンテンドー3DS向けに『Nano Assault E』、『Art of Balance TOUCH!』などをリリースして好評を博しています。

まさに任天堂と共に歩み、富を築いてきたシンエンですが、同社美術監督、Martin Sauter氏は次のように語っています。

「人々はハードのパワーよりもまず第一により良いゲームを求めているのです。ハードとしてのWii Uの性能はじゅうぶんなもので、価格面でも納得できるものです。~(中略)~。パワフルな性能のPS4で果たして良いゲームが作られるのかどうか、私には良くわかりません。我々は既にWii Uでより良いゲームを売リ出せる環境にありますから」

当社は現在、Wii U向けの『Jett Rocket II - The Wrath of Taikai』の開発の最終工程に入っており、さらに未確認情報ながら2011年にリリースされた人気レースゲーム『FAST - Racing League』(WiiWare)の続編もまたWii U向けに開発が進んでいるという噂されています。



次世代機の話題でもちきりの状況の中にあってこのシンエンの発言は、ゲームの主役はハードではなくあくまでもソフトであるということを、今一度確認させてくれるエピソードではないでしょうか。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

    ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

  2. 『スプラトゥーン2』「タテ振り」アクションに注目集まる“ローラー”には更なる調整が! 公式Twitterが映像付きで報告

    『スプラトゥーン2』「タテ振り」アクションに注目集まる“ローラー”には更なる調整が! 公式Twitterが映像付きで報告

  3. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

    ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  4. 今週発売の新作ゲーム『Nintendo Switch+Joy-Con(L)/(R)』『Horizon Zero Dawn』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『1-2-Switch』他

  5. スイッチ版『VOEZ』にはオリジナル楽曲を含む全116曲が収録、独占楽曲追加の無料アプデも実施予定

  6. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  8. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  9. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  10. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

アクセスランキングをもっと見る