人生にゲームをプラスするメディア

PS4インタビュー第4回目に名作『Braid』のデザイナー ─ インディーズには2つの大きなメリットがある

ソニー PS4

ジョナサン・ブロウ氏
  • ジョナサン・ブロウ氏
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、PS4インタビュー映像シリーズ「Conversations with Creators」の第4回目を、公式コミュニティサイト「プレコミュ」にて公開しました。

好評を博す連載シリーズ4回目では、インディーズプラットフォームにて名作と名高い『Braid』を生み出したジョナサン・ブロウ氏が、PS4向けにソフトを製作することになったきっかけや、インディーズゲームならではのメリット、そしてPS4で発売予定の『The Witness』に関しての魅力を雄弁に語るインタビュー映像になっています。



「インディーズゲームの開発には2つの大きなメリットがある。」と切り出した彼は、「自由と独立性」と「必ずしも大きな収益を求めないこと」というユニークな2点をあげ、その利点を生かしたゲーム作りが行われている旨を述べました。

さらに、「次世代のプレイステーションには注目していましたので、SCEのスタッフとは定期的にやり取りしており、その流れで開発者向けのカンファレンスに誘われたのです。」と話し、自らが意欲的にPS4へ意識を向けていたと明かしました。

また、PS4の開発キットを提供してもらったことで、『Braid』と比べて『The Witness』ではより高度なゲームデザインにチャレンジできることが分かったと語ります。

そして『The Witness』に関しては、「多くの要素がありますが、どれも磨き抜かれています。」と切り出し、ストーリーなどにはさほど興味がないプレイヤーにも完成度の高いパズルゲームとして楽しんでもらえると告げ、本作への自信を伺わせます。しかも、とても深みのあるゲームでたくさんの発見があるとも明言し、奥深さにも期待を持たせてくれます。

熱意や様々な情報を届けてくれる動画となっておりますが、プレイヤーにとって一番嬉しいのは、ジョナサン・ブロウ氏のこの一言かもしれません。

「プレイヤーに有益な体験を提供することです。何よりもそれが大切です。」

利益よりも遊ぶ人のことを重要視する彼が生み出す『The Witness』。完成が待ち遠しい一作になりそうです。



『The Witness』紹介映像もありますので、併せてご覧ください。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 海外レビューハイスコア『人喰いの大鷲トリコ』

    海外レビューハイスコア『人喰いの大鷲トリコ』

  2. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

    『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  3. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』発売日決定!特典情報も

    『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』発売日決定!特典情報も

  4. 『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

  5. 『龍が如く6 命の詩。』プロローグが公開、桐生はいかにして広島へ足を踏み入れるようになったのか…

  6. 『スクールガールゾンビハンター』では“使用済み下着”もデコイにできる!謎の男「レン」や恐怖の「コピーゾンビ」なども公開

  7. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  8. PS Plusの12月配信全コンテンツ情報が公開―1月配信の注目コンテンツも一部公開!

  9. 現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

  10. 5分でわかる『サガ スカーレットグレイス』―ストーリーからシステムまで網羅!

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top