人生にゲームをプラスするメディア

GTアカデミー出身オルドネス選手インタビュー「日本のSUPER GTに出場したい」

ソニー PS3

GTアカデミー出身オルドネス選手インタビュー「日本のSUPER GTに出場したい」
  • GTアカデミー出身オルドネス選手インタビュー「日本のSUPER GTに出場したい」
  • GTアカデミー出身オルドネス選手インタビュー「日本のSUPER GTに出場したい」
  • GTアカデミー出身オルドネス選手インタビュー「日本のSUPER GTに出場したい」
  • GTアカデミー出身オルドネス選手インタビュー「日本のSUPER GTに出場したい」
グランツーリスモと日産自動車のコラボレーションで誕生した「GTアカデミー」は、『GT』をプレイするゲーマーから未来のレーサーを発掘しようという、バーチャルなグランツーリスモから誕生した現実世界のプロジェクトです。

2008年のスタート以降、予選への参加者が累計200万人を超え、大会の優勝者は日産を代表してトップレベルのモータースポーツに参戦しています。2013年のGTアカデミーも、イギリス・シルバーストーンで開催された「グランツーリスモ」15周年記念イベントにおいて、『グランツーリスモ6』の体験版を通じて開催されることが発表されました。

GTアカデミー出身でレーシングドライバーとして活躍するルーカス・オルドネス選手に各メディアがインタビューし、グランツーリスモの魅力について話しを聞きました。

―――グランツーリスモで人生が変わってしまいましたが、率直な感想をお聞かせください。

GTアカデミーの前は普通のスペインの学生でした。一般の学生からプロのレーサーになることができ夢が叶いました。プロのレーサーとして5年間やってきて、今回「GTアカデミー」を広めることに参加できて光栄です。

―――ゲーマーからレーサーになる上で苦労したことは?

ゲームの世界でしたら視覚や指先から情報を感じることになりますが、本当のレーサーは視覚だけではなく、全身で情報を感じることになります。全身で感じた情報に対応して、クルマをコントロールすることに反映しなければならないのが難しいところです。

―――ゲーマーであったことに良かったことはありますか?

普通のプロレーサーもシミュレーターで練習しているのですが、私はGTを通じてずっとやってきたことなので、バーチャルから現実の動きに変換することは得意だと思います。現在もそうですが、将来のプロレーサーの練習の一つがシミュレーターによるトレーニングになると思いますので、良い方向にいると思います。

―――GTのなかで一番好きなクルマは?

GT-Rは、バーチャルでもリアルでも両方経験して1番好きなクルマでした。GTアカデミーでは、レーシングの勉強をしたクルマでしたし、最近スペインのレースでもGT-Rで一番の成果を出せることが出来ました。将来は、日本のSUPER GTに出場してGT-Rをドライブすることと、自分のクルマとしてGT-Rを持つことが夢ですね。

―――ゲームパッドでもプレイしたりしますか?

最初はゲームパッドでやってましたけど、GTアカデミーのためにステアリングホイールに切り替えました。前に、山内さんと話した時に気づきましたが、ステアリングホイールを動かすためのソフトにもパワーがあることを感じましたね。他のレーシングゲームもやってみましたが、やっぱりGTに近いものはないです。

―――新しい『GT6』をドライブして違いはありましたか?

今朝、初体験しましたが、物理的な部分やクルマの姿勢など、走り方の部分でだいぶ進んでいることが感じられました。最終版が出来たら本当にヤバいと思います。
《椿山和雄》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 完全新作『うたの☆プリンスさまっ♪Dolce Vita』発売決定、『Repeat』のPS Vita移植版も

    完全新作『うたの☆プリンスさまっ♪Dolce Vita』発売決定、『Repeat』のPS Vita移植版も

  2. 【PS Vita DL販売ランキング】8位『薄桜鬼 真改 華ノ章』、10位『√Letter ルートレター』などが初登場ランクイン(6/24)

    【PS Vita DL販売ランキング】8位『薄桜鬼 真改 華ノ章』、10位『√Letter ルートレター』などが初登場ランクイン(6/24)

  3. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

    『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  4. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  5. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  6. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  7. 『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

  8. 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに

  9. 【E3 2015】カプコンが謎のVR作品『KITCHEN』を披露…「死」を描く衝撃デモ

  10. 『うたわれるもの 二人の白皇』店舗特典イラスト公開、タペストリーやクリアファイルなど

アクセスランキングをもっと見る

page top