人生にゲームをプラスするメディア

マーベラスAQL、久夛良木氏起用でゲームビジネスでの新たな展開を追求

ゲームビジネス 人材

久夛良木健
  • 久夛良木健
  • 『ヴァルハラナイツ3』パッケージ
  • 『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-』パッケージ
  • 『閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-』パッケージ
プレイステーションの父こと、久夛良木氏を社外取締役に迎えて注目を集めているマーベラスAQL、5月13日に行われた2013年3月期決算説明会の質疑概要で触れています。

「久夛良木氏の社外取締役選任の狙いを教えてください」という質問に対し、同社代表取締役・許田周一氏は「プレイステーションの生みの親としてこの業界を作った方と言っても過言ではなく、ゲームコンテンツに通じた非常に見識の広い方であり、ゲームビジネスの新しい展開にいろいろなアドバイスを頂けるものと考え、お迎えしております」と答え、回復傾向にあるとされているコンシューマーゲーム分野での新規事業展開に積極的に取り組む姿勢を表明しています。

今期の現状では『ヴァルハラナイツ3』(PS Vita)の発表に留まっているものの、下期には数タイトルのリリースを予定しているとのこと。

また、ノベルズ展開やプレイアブルキャラクターのDL配信など、魅力的なスピンオフ企画も話題を呼んでいる『閃乱カグラ』シリーズの今後の展開については、「当社のフランチャイズタイトルの柱として、引き続きマルチユース展開を推進してまいります」と述べていることから、今後も『閃乱カグラ』ファンには楽しみな企画が数多く待ち受けていそうです。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

    【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  2. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

    【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  3. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

    劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  4. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  7. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  8. セガ、本社を品川に移転

  9. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  10. Oculusに対応した未知のゲーミングチェア「MMOne」がデンジャラス…360度回転する

アクセスランキングをもっと見る