人生にゲームをプラスするメディア

フリュー、アニメ事業に参入 ― 第1弾はコザキユースケ氏の「どーにゃつ」

その他 全般

「どーにゃつ」アニメ化、劇場スクリーンに登場 田村ゆかり、藤原啓治らが声の出演
  • 「どーにゃつ」アニメ化、劇場スクリーンに登場 田村ゆかり、藤原啓治らが声の出演
  • 「どーにゃつ」アニメ化、劇場スクリーンに登場 田村ゆかり、藤原啓治らが声の出演
  • どーにゃつ
  • ベーガル
  • ローニャ
プリントシール機や、クレーンゲームのプライズ商品などを手がけてきたフリューが、アニメ事業に参入する。その第1弾として、約2分間のショートアニメ『どーにゃつ』を製作すると発表した。人気マンガ誌「ヤングガンガン」連載の作品が、アニメとなって動きだす。
アニメは6月1日(土)より、新宿バルト9ほか、ティ・ジョイ系列の劇場にて、映画本篇の上映前に公開される。多くの人の目の前に奇妙なキャラクターたちが登場する。

『どーにゃつ』の原作は、マンガ家、イラストレーターのコザキユースケさんが、2012年より「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で連載中のマンガである。
廃都化した東京・新宿を舞台に、ドーナツ状の不思議な生命体「どーにゃつ」たちが愛らしくシュールな世界をくり広げていく。単行本は、現在第2巻まで刊行されている。

アニメの監督は、『カッコカワイイ宣言!』や『ぷちます!』など、ショートギャグ作品に定評ある まんきゅうさんが手がける。毎月1本のペースで新作を公開する予定だ。
キャスト陣にも豪華なメンバーが揃った。主人公の「どーにゃつ」役を『魔法少女リリカルなのは』の田村ゆかりさん、相手役の「ベーガル」役を『クレヨンしんちゃん』の藤原啓治さんが演じる。
さらに「バームクーガー」役に『とらドラ!』の間島淳司さん、「クマカロン」役に『セイクリッドセブン』の林沙織さん、ローニャ役を、「月刊POPTEEN」などでモデルとして活躍する椎名ひかりさんが、それぞれ担当する。

新キャラクターや、アニメだけのオリジナルストーリーも登場するという。ストラップやマグカップなど、グッズ展開も既にはじまっている。
シネコン発のキャラクターとしては、TOHOシネマズの『紙兎ロペ』や、MOVIXの『ヒッポコブラザーズ』、ワーナーマイカルの『バックスバニー』など、知名度の高いものが多い。総合エンタテインメント企業として新たなコンテンツ展開を目指すフリューとして、『どーにゃつ』は大きな期待のかかる一作と言える。
[多摩永遠]

アニメ『どーにゃつ』
http://www.donyatsu.jp/
2013年6月1日(土)より順次
新宿バルト9他、ティ・ジョイ系列の全国劇場
放映時間: 約2分間

[スタッフ]
原作: コザキユースケ (掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督: まんきゅう
アニメーション制作: ギャザリング
プロデューサー: 戸田和宏、安藤盛治、塩谷尚史

[キャスト]
どーにゃつ: 田村ゆかり
ベーガル: 藤原啓治
バームクーガー: 間島淳司
クマカロン: 林沙織
ローニャ: 椎名ひかり

「どーにゃつ」アニメ化、劇場スクリーンに登場 田村ゆかり、藤原啓治らが声の出演

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ガールズ&パンツァー 最終章」の制作決定!

    「ガールズ&パンツァー 最終章」の制作決定!

  2. 【レポート】PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア先行イベントで「極まる」新要素を体験

    【レポート】PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア先行イベントで「極まる」新要素を体験

  3. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

    【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  4. スタジオカラー初のTVアニメ作品、舞城王太郎原作「龍の歯医者」2017年2月放送

  5. 【昨日のまとめ】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選、スマホ向け『ディシディア FF オペラオムニア』2016年配信、名前の書かれたゲームカセットを持ち主に返すサイト…など(8/27)

  6. リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

  7. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  8. 謎の木目調アーケード筐体「8Bitdo Desktop Arcade Joy Stick」があまりにも美しい

  9. 映画「ライト/オフ」とコラボしたリアルホラーゲーム『ZAW』が川崎競馬場で開催!4,800平米の巨大お化け屋敷

  10. 名前の書かれた“ゲームカセット”を持ち主の元へ…思い出を届けるwebサイト「名前入りカセット博物館」とは

アクセスランキングをもっと見る

page top