最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【ロイドレポ】第4回 ドラクエとFFが合体!?サクっと遊べるドット絵RPG『だんじょんクエスト』

【ロイドレポ】第4回 ドラクエとFFが合体!?サクっと遊べるドット絵RPG『だんじょんクエスト』

2013年5月18日(土) 22時00分
  • 『だんじょんクエスト』タイトル。懐かしさを感じさせるロゴに涙。の画像
    『だんじょんクエスト』タイトル。懐かしさを感じさせるロゴに涙。
  • ドラクエ風マップとテキスト。これも懐かしい。の画像
    ドラクエ風マップとテキスト。これも懐かしい。
  • メンバー交代、レベルアップ、ステータス確認はキャンプで。名前は変更できません。の画像
    メンバー交代、レベルアップ、ステータス確認はキャンプで。名前は変更できません。
  • FF風戦闘画面。画面下部の色玉をタップすると攻撃します。の画像
    FF風戦闘画面。画面下部の色玉をタップすると攻撃します。
  • ゲットしたおたからを合成してスキル生成。の画像
    ゲットしたおたからを合成してスキル生成。
  • 生成したスキルは設定すれば、自動的に使用します。の画像
    生成したスキルは設定すれば、自動的に使用します。
  • スキルはレベルアップ可能。の画像
    スキルはレベルアップ可能。
  • レベルアップすればクラスチェンジも可能に。グラフィックも変わります。の画像
    レベルアップすればクラスチェンジも可能に。グラフィックも変わります。

このマップは『ドラゴンクエスト』?そして、この戦闘シーンは『ファイナルファンタジー』?「なにこれ、懐かしい」と思わず涙しそうになったさかまきうさろーるです。今回レポするのは、ドット絵がファミコン時代やスーファミ時代を感じさせるゲームですよ!

本当に『だんじょんクエスト』は、ファミコン&スーファミ世代の私から、とんでもないものを盗んでいきました。もちろん盗んでいったとんでもないものは、私の心です。このゲームの魅力はなんと言っても、懐かしいドット絵と手軽さです。ドット絵は、スマホを持つ手が懐かしさのあまりぷるぷる震えそうになったほど。ドラクエを思わせるタイトルロゴも、ハートをキュンキュンさせてくれます。短時間でサクサク遊べるタイプのRPGというのも、スマホにぴったりで遊びやすいです。

■RPG経験者ならすぐに馴染める世界観
冒険の舞台は、伝説の秘宝が眠る島です。プレイヤーは秘宝を見つけるために島を探索するのですが、ゲームにチュートリアル的なものはほぼありません。簡単な説明のみ。しかし、RPG経験者なら『だんじょんクエスト』の世界にすぐに馴染めます。やることと言ったら「ダンジョンの探索」のみ。いらない部分はスッパリ切り捨てた潔いゲームなので、迷うことはありません。さあ、今すぐ冒険にレッツゴー!なのです。と言っても、このまま終わりではレポになりませんから、ゲームのシステムについて簡単に説明していきたいと思います。

■キャンプという名のルイーダの酒場
プレイヤーの仲間となる冒険者は、キャンプにいます。そこで、ゲームをはじめたら、キャンプへ向かいましょう。キャンプは、ドラクエで言うところの「ルイーダの酒場」です。・・・キャンプで一杯飲んでいるかは謎ですが。とにかく、冒険者に会いたくなったら、キャンプに向かえば間違いありません。メンバー交代、レベルアップ、ステータスの確認ができます。

冒険者のレベルアップは、ダンジョン探索でゲットしたコインで行います。ダンジョンを探索しても、レベルは上がりません。世の中、金なのですよ。世知辛いですね。そんなことを言いつつ、キャンプでメンバーを確認したら、ダンジョンへ向かいましょう。

最初は「どうくつ」から。ドラクエ風マップですが、ドラクエのように「どうくつ」までキャラクターを移動させる必要はありません。行きたい場所をタップすれば、一瞬で移動してくれます。

■戦闘グラフィックはFF風
「どうくつ」をタップすると、探索したいステージを選択する画面になるので、ステージを選択してください。選択すると戦闘スタートです。ここでも移動の必要はありません。自動的に、FFを思わせるような戦闘がはじまります。

しかし、戦闘方法は独自のもの。攻撃は、画面下部の色玉をタップすることで行います。各冒険者には色が設定されているので、攻撃させたい冒険者と同じ色の玉をタップしましょう。青玉をタップすれば青の冒険者、赤玉をタップすれば赤の冒険者というように、タップした色に対応した冒険者が攻撃。タップした色玉は消えるのですが、攻撃力は消えた色玉の数が多いほど大きくなります。そうです。色玉は連鎖するのです。

上下左右にタップした色玉と同じ色の玉があれば、一緒に消えます。たとえば、横に青玉が3つ並んでいれば3つまとめて、4つ並んでいれば4つまとめてという具合です。連鎖すると「うひょー」な気分になれます。ちょっとしたパズル気分ですね。タップした色玉が消えると、新しい色玉が右側から補充されます。

■合成でスキルをゲット
ダンジョンを探索すると「おたから」をゲットできるので、合成して「スキル生成」しましょう。「スキル生成」は、「ほうもつこ」で行います。生成できるスキルは60種以上。スキルは、ジュエルを使用して冒険者に設定します。ただし、設定できるスキルは1人1つ。新しいスキルを設定すると、古いスキルは消えてしまうので注意。冒険者は、過去を振り返らないものなのです。でも、冒険者は良い人なので、設定したスキルは戦闘時に自動的に使用します。

■攻略のポイント
ポイントになるのはなんと言っても、戦闘時の色玉です。「緑は青の敵に強い」「青は赤の敵に強い」「赤は緑の敵に強い」という強弱があるので、敵にあわせて消す色玉を選ぶとグッドです。敵によっては、「物理攻撃に弱い」「魔法に弱い」などの弱点もあるので、戦闘メンバーのチョイスも重要。弱点をグリグリ攻撃できるメンバーを選んで、色玉連鎖でドッカーンとやっつけてください。

■プレイした感想
レトロな雰囲気を堪能しながら、しっかり遊べるRPGです。エリア100以上、モンスター150体以上と、ボリュームもたっぷり。しかも、レベルアップでクラスチェンジも可能。スキルもレベルアップできるので飽きません。冒険には1分で1ポイント回復するAPが必要になりますが、AP回復と全滅時の復活に使える「ルナストーン」を24時間に1個もらえるので、それほど待たずにサクサク遊べます。気になる点は、ゲーム開始時に説明がほとんどないこと。しかし、遊んでいればなんとかなるのも事実。ドラクエやFFという言葉に胸キュンしちゃう方は、ぜひプレイしてみてください。

『だんじょんクエスト』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。

「ロイドレポ」 byさかまきうさろーる
ファミコンのA/Bボタンが四角だった頃からのゲーム好き。最近はAndroidにご執心。のんびりライターとして活動しながら、ゲームをプレイ中。ときどきすれ違いを求めて、3DS片手に福岡を徘徊しています。
Twitter:@sakaroll

(Article written by さかまきうさろーる)

モバイル・スマートフォンアクセスランキング