人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、新経営体制を明らかに・・・本多副社長も降格、元アイドスCEOが本社役員に

ゲームビジネス 人材

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、代表取締役副社長の本多圭司氏を降格し、取締役とする人事を明らかにしました。本人事は6月下旬に開催される定時取締役会の承認を経て正式に決定します。

本多氏は旧エニックス出身で、「ドラゴンクエスト」などのプロデューサーを務めた後、2000年に社長に就任。2003年のスクウェアとの合併後は、代表取締役副社長として社長を務めてきた和田洋一氏と二人三脚で経営を支えてきました。

しかし通期業績が大幅な赤字に転落し、10年間経営トップを務めた和田氏も経営責任を取り辞任する事が既に決定。同じく経営の中枢にあった本多氏も責任を明確にしたものと思われます。

新体制としては元スクウェアで財務出身の松田洋祐氏が社長に就任。新任の取締役にはアイドスの元CEOだったフィル・ロジャース氏と社外取締役にはグラムメディア・ジャパンCEOでエキサイトでも社長を務めた山村幸広氏が就任。その他の取締役はエニックス出身で「ドラゴンクエスト」のプロデューサーだった千田幸信氏と本多氏の計5名ということになります。

代表取締役は松田氏のみで、支える取締役には元エニックスから2名、海外事業を中心に見ると考えられるフィル・ロジャース氏と社外取締役1名という、すっきりした体制になったのではないでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

    【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  2. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  3. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

    劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  4. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  5. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  6. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  7. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  10. スクウェア・エニックス、家庭用RPGに特化した開発スタジオの立ち上げメンバーを募集

アクセスランキングをもっと見る