人生にゲームをプラスするメディア

ソニー連結業績、利益が前年度比94.1%減の17億円・・・今後はPS4に期待する形に

ゲームビジネス その他

ソニーは、2012年度の連結業績を公開しました。

ソニー全体の売上高は、6兆8008億円(前年度比4.7%増)になりましたが、ゲーム分野では、売上高が7,071億円(前年度比12.2%減)となり、この大幅な減収は為替の好影響があるものの、主にPS3・PSPハードウェア・ソフトウェア、ならびにPS Vitaハードウェアの販売数量の減少が原因としてあげられました。なお、前年度の為替レートを適用した場合15%の減収となります。

営業利益は、17億円(前年度比94.1%減)となり、前述の PSPハードウェア・ソフトウェアの減収、ならびに2013年2月に日本で実施した PS Vita の戦略的価格改定の影響の影響が大きいようです。

それでは、ハードウェア・ソフトウェアの販売減少を具体的に見ていきます。据置型ハードウェア(PS3・PSP)は1,650万台(前年度比8.3%減)でソフトが15,390万本(前年度比6.4%減)、携帯型ハードウェア(PS Vita・PSP)は700万台(前年度比2.9%増)でソフトが2,880万本(前年度比10.5%減)となりました。

なお、ゲーム分野の今後については、2013年度にPS4を導入する予定であり、これにより大幅な増収が見込まれています。営業利益については、増収による改善要因があるものの、PS4導入にともなう研究費や広告宣伝費の増加によりほぼ前年度並みが見込まれます。

ハードウェア・ソフトウェアの年間売上台数の見通しに関しては、 据置型ハードウェア(PS3・PSP)が1,000万台、携帯型ハードウェア(PS Vit・PSP)が500万台と設定しました。

今回、前年度と比較して大幅な減少となってしまったゲーム分野ですが、PS4がどれほどの利益をもたらすのか関心が集まります。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

    ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  4. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  5. 「PlayStation VR」3月末より一部店舗と通販サイトで追加販売へ

  6. 「働きがいのある企業」TOP100に選ばれたゲーム会社は?

  7. 【レポート】PSVR『アイドルマスターシンデレラガールズ ビューイングレボリューション』身長190cmになって全力でペンライトを振ってみた

  8. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  9. 未来の火星を舞台にした3D仮想空間「Blue Mars」の進化した最新デモ~Avater Reality社

  10. スクエニxマーベルの「アベンジャーズ」プロジェクトが海外発表!―複数のゲームを開発

アクセスランキングをもっと見る