人生にゲームをプラスするメディア

ソニー連結業績、利益が前年度比94.1%減の17億円・・・今後はPS4に期待する形に

ゲームビジネス その他

ソニーは、2012年度の連結業績を公開しました。

ソニー全体の売上高は、6兆8008億円(前年度比4.7%増)になりましたが、ゲーム分野では、売上高が7,071億円(前年度比12.2%減)となり、この大幅な減収は為替の好影響があるものの、主にPS3・PSPハードウェア・ソフトウェア、ならびにPS Vitaハードウェアの販売数量の減少が原因としてあげられました。なお、前年度の為替レートを適用した場合15%の減収となります。

営業利益は、17億円(前年度比94.1%減)となり、前述の PSPハードウェア・ソフトウェアの減収、ならびに2013年2月に日本で実施した PS Vita の戦略的価格改定の影響の影響が大きいようです。

それでは、ハードウェア・ソフトウェアの販売減少を具体的に見ていきます。据置型ハードウェア(PS3・PSP)は1,650万台(前年度比8.3%減)でソフトが15,390万本(前年度比6.4%減)、携帯型ハードウェア(PS Vita・PSP)は700万台(前年度比2.9%増)でソフトが2,880万本(前年度比10.5%減)となりました。

なお、ゲーム分野の今後については、2013年度にPS4を導入する予定であり、これにより大幅な増収が見込まれています。営業利益については、増収による改善要因があるものの、PS4導入にともなう研究費や広告宣伝費の増加によりほぼ前年度並みが見込まれます。

ハードウェア・ソフトウェアの年間売上台数の見通しに関しては、 据置型ハードウェア(PS3・PSP)が1,000万台、携帯型ハードウェア(PS Vit・PSP)が500万台と設定しました。

今回、前年度と比較して大幅な減少となってしまったゲーム分野ですが、PS4がどれほどの利益をもたらすのか関心が集まります。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  4. アクレイムが復活?

  5. 第3回「DMM GAMES カンファレンス 2016」開催、前年度実績や今期戦略が明らかに

  6. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  7. 開発チームも一度死んで強くなる『ドラゴンボールオンライン』(2)

  8. コンソールからモバイルまでサウンドデザイナーを強力に支援する統合環境「Wwise」 豪華ゲストが登壇するイベントも開催

  9. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  10. 【台北ゲームショウ2016】「ブラウザゲームはまだ終わっていない」日本のプラットフォーマーが世界に挑むーDMM.com林氏独占インタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top