人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ決算、純利益が前年比67%増と大躍進 ― 今後は「IP軸戦略」を強化

ゲームビジネス その他

バンダイナムコホールディングスは、平成25年度3月期連結決算の短信を発表しました。

売上高は前年比7.3%増の4872億4100万円、営業利益は486億4200万円(前年比40.6%増)、経常利益は499億7200万円(前年比42.9%増)、当期純利益323億8300万円(前年比67.8%増)と、いずれも前年を上回る業績を達成しました。

好調な業績の主な牽引役は、コンテンツ事業内のネットワークコンテンツであるとしています。特に『機動戦士ガンダム』シリーズや『ワンピース グランドコレクション』、『アイドルマスター シンデレラガールズ』などが業績アップに多大な貢献したと報告しています。

また、業務用ゲーム機は定番の機器に加えて『釣りスピリッツ』などの新しいゲーム機が人気を博すとともに、景品販売も人気キャラクターを中心に好調な売上げを記録したとしています。

家庭用ゲームソフトでは、国内外共に『ソウルキャリバー』『NARUTO-ナルト-』『テイルズ オブ』『ワンピース』などの人気シリーズの最新タイトルの堅調な販売に加え、国内では人気テレビ番組をコンセプトとしたタイトル(3DS『逃走中』など)が好調に推移したと述べています。

既に幕を開けた今期の見通しについては、コンテンツ事業では、多種多様なカテゴリーに向けた商品・サービスを提供する“IP軸戦略”をさらに強化するとのことです。

また、既存のIPの商品展開に加えて、欧米を中心に放映開始予定の新作アニメーション「PAC-MAN and the Ghostly Adventures」を柱にした様々なビジネス展開など、新規IPの積極的な育成にも言及しています。

さらに今後の家庭用ゲームソフトの販売戦略では、人気シリーズの投入に加え、ダウンロード専用タイトルなど、ネットワーク機能を活用した新たな取り組みを手がけるなど、今期は収益の安定、向上に向けた事業基盤の強化を優先することから平成26年3月期の連結業績を、売上高4800億円(前年比1.5%減)、営業利益400億円(前年比17.8%減)、経常利益400億円(前年比20%減)、純利益260億円(前年比19.7%減)と予想しています。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

    スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

  2. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  3. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

    「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 「EA Play」カンファレンス現地レポ―E3を離脱したEA新戦略、『BF1』熱に圧倒!

  8. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  9. 日本のモバイルゲーム、上位10ゲームだけで市場収益50%占める

  10. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

アクセスランキングをもっと見る

page top