人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ決算、純利益が前年比67%増と大躍進 ― 今後は「IP軸戦略」を強化

ゲームビジネス その他

バンダイナムコホールディングスは、平成25年度3月期連結決算の短信を発表しました。

売上高は前年比7.3%増の4872億4100万円、営業利益は486億4200万円(前年比40.6%増)、経常利益は499億7200万円(前年比42.9%増)、当期純利益323億8300万円(前年比67.8%増)と、いずれも前年を上回る業績を達成しました。

好調な業績の主な牽引役は、コンテンツ事業内のネットワークコンテンツであるとしています。特に『機動戦士ガンダム』シリーズや『ワンピース グランドコレクション』、『アイドルマスター シンデレラガールズ』などが業績アップに多大な貢献したと報告しています。

また、業務用ゲーム機は定番の機器に加えて『釣りスピリッツ』などの新しいゲーム機が人気を博すとともに、景品販売も人気キャラクターを中心に好調な売上げを記録したとしています。

家庭用ゲームソフトでは、国内外共に『ソウルキャリバー』『NARUTO-ナルト-』『テイルズ オブ』『ワンピース』などの人気シリーズの最新タイトルの堅調な販売に加え、国内では人気テレビ番組をコンセプトとしたタイトル(3DS『逃走中』など)が好調に推移したと述べています。

既に幕を開けた今期の見通しについては、コンテンツ事業では、多種多様なカテゴリーに向けた商品・サービスを提供する“IP軸戦略”をさらに強化するとのことです。

また、既存のIPの商品展開に加えて、欧米を中心に放映開始予定の新作アニメーション「PAC-MAN and the Ghostly Adventures」を柱にした様々なビジネス展開など、新規IPの積極的な育成にも言及しています。

さらに今後の家庭用ゲームソフトの販売戦略では、人気シリーズの投入に加え、ダウンロード専用タイトルなど、ネットワーク機能を活用した新たな取り組みを手がけるなど、今期は収益の安定、向上に向けた事業基盤の強化を優先することから平成26年3月期の連結業績を、売上高4800億円(前年比1.5%減)、営業利益400億円(前年比17.8%減)、経常利益400億円(前年比20%減)、純利益260億円(前年比19.7%減)と予想しています。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 【TGS2008】コンパニオンレポート: レベルファイブ

  8. 【レポート】HTCとValveのVR HMD「Vive」新型はどう変わったのか

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

アクセスランキングをもっと見る