人生にゲームをプラスするメディア

PlayStation Mobile、パブリッシャーライセンスが期間限定で無料に

ゲームビジネス その他

「PlayStation Mobile」パブリッシャーライセンス無料バナー
  • 「PlayStation Mobile」パブリッシャーライセンス無料バナー
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、「PlayStation Mobile」パブリッシャーライセンスを期間限定で無料にすると発表しました。

「PlayStation Mobile」パブリッシャーライセンスは、PlayStationStoreからPSMアプリケーションを配信するためのライセンスです。同ライセンスは、実機上でPSMアプリケーションのデバッグ・テストを行うためにも必要になります。

同ライセンスは購入する必要がありましたが、5月8日から9月2日までの期間限定で無料になりました(期間は延長される可能性があります)。今回の無料化は、「エキサイティングなアイディアの実現をサポートするため」とのこと。

期間限定の無料化とは言え、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアの今回の決断は、PSMアプリケーション制作に興味がある人にとって嬉しいことだと思います。この機会を利用して、PSMアプリケーション制作にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(C)2012 Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved.
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

    【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  2. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

    金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  3. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

    任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  4. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  5. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  6. 『モンハン』の「回復薬」がドリンクに!

  7. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  10. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

アクセスランキングをもっと見る