人生にゲームをプラスするメディア

『3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ』配信決定 ― スピンダッシュも使用可能!立体視以外の追加要素も多数

任天堂 3DS

初代『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』が3Dになって蘇る!
  • 初代『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』が3Dになって蘇る!
  • 当時から奥行きを意識したステージ背景でした
  • 立体視に対応することで、これまで以上に画面がスッキリするかも
  • 代名詞でもある高速アクションは初代から健在
  • ステージを駆け抜けてDr.エッグマンの野望を阻止せよ
  • 360度ループは立体視に映えそう
  • ステージ中にはさまざまなギミックも
  • 難所をリプレイしやすい「ステージセレクト」や「途中セーブ」も搭載
セガは、メガドライブ発売25周年を記念して、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を配信すると発表しました。

『3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、セガの看板キャラクター「ソニック」が活躍するアクションゲームです。1991年にメガドライブで発売された初代『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』をベースに、立体視対応はもちろん、後のシリーズでお馴染みとなっているアクションや便利な機能の追加など、3D化だけに留まらない特別な内容に仕上がっています。

本作では、立体感のあるステージの背景ギミックを、オリジナルの印象そのままに3D立体視で再現。宿敵「Dr.エッグマン」を倒すため、さまざまな仕掛けのあるステージを「ソニック」が駆け抜けます。

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』以降の『ソニック』シリーズではお馴染みの高速アクション「スピンダッシュ」が追加されているほか、オリジナル版では裏技だったステージセレクト機能も標準搭載。途中セーブ機能なども実装され、シリーズ未経験の人にも遊びやすくなっています。

また、海外バージョンをプレイすることも可能。シリーズファンの方は日本版とどのような違いがあるか比べてプレイしてみてください。

更に、ブラウン管テレビでの表示を擬似再現したクラシックモードなど、遊び心も満載。メガドライブの代表作のひとつである初代『ソニック』を3D立体視でプレイしてみてはいかがでしょうか。

『3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、2013年5月15日配信開始予定で価格は600円(税込)です。

(C)SEGA
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 未発売のHDリマスター版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

    未発売のHDリマスター版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

  2. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の8月24日号公開 ― 新作が続々登場!

    「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の8月24日号公開 ― 新作が続々登場!

  3. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

    任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  4. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  5. 『ポケモンGO』効果で3DSがハードウェア首位、ソフトは『GTA V』が返り咲き―2016年7月の米国セールスデータ

  6. Wii U版『シャンティ -リスキィ・ブーツの逆襲-』8月31日配信決定、ドット絵にもこだわりを感じる2Dアクション

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ゼルダの伝説』リンクがハイクオリティなフィギュアに!『トワプリHD』『ムジュラ』『神トラ2』の3作品

  9. カプコンの新作3DSソフトは「Suica」など交通系ICカードと連動! 乗車履歴でキャラとコミュニケーション

  10. 【日々気まぐレポ】第162回 『ゼノブレイドクロス』のドール「フォーミュラ」がプラキットで登場!完全変形を実現

アクセスランキングをもっと見る

page top