人生にゲームをプラスするメディア

『3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ』配信決定 ― スピンダッシュも使用可能!立体視以外の追加要素も多数

任天堂 3DS

初代『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』が3Dになって蘇る!
  • 初代『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』が3Dになって蘇る!
  • 当時から奥行きを意識したステージ背景でした
  • 立体視に対応することで、これまで以上に画面がスッキリするかも
  • 代名詞でもある高速アクションは初代から健在
  • ステージを駆け抜けてDr.エッグマンの野望を阻止せよ
  • 360度ループは立体視に映えそう
  • ステージ中にはさまざまなギミックも
  • 難所をリプレイしやすい「ステージセレクト」や「途中セーブ」も搭載
セガは、メガドライブ発売25周年を記念して、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を配信すると発表しました。

『3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、セガの看板キャラクター「ソニック」が活躍するアクションゲームです。1991年にメガドライブで発売された初代『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』をベースに、立体視対応はもちろん、後のシリーズでお馴染みとなっているアクションや便利な機能の追加など、3D化だけに留まらない特別な内容に仕上がっています。

本作では、立体感のあるステージの背景ギミックを、オリジナルの印象そのままに3D立体視で再現。宿敵「Dr.エッグマン」を倒すため、さまざまな仕掛けのあるステージを「ソニック」が駆け抜けます。

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』以降の『ソニック』シリーズではお馴染みの高速アクション「スピンダッシュ」が追加されているほか、オリジナル版では裏技だったステージセレクト機能も標準搭載。途中セーブ機能なども実装され、シリーズ未経験の人にも遊びやすくなっています。

また、海外バージョンをプレイすることも可能。シリーズファンの方は日本版とどのような違いがあるか比べてプレイしてみてください。

更に、ブラウン管テレビでの表示を擬似再現したクラシックモードなど、遊び心も満載。メガドライブの代表作のひとつである初代『ソニック』を3D立体視でプレイしてみてはいかがでしょうか。

『3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、2013年5月15日配信開始予定で価格は600円(税込)です。

(C)SEGA
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

    ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  2. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

    Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  3. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

    『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  4. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  5. スイッチ向け『信長の野望・創造 with PK』&『三國志13 with PV』PVが公開

  6. ニンテンドースイッチの価格・発売日からタイトル発表まで! 『スプラトゥーン2』『ゼルダの伝説 BoW』も飛び出したプレゼンを振り返る

  7. 「ニンテンドースイッチ」1月21日より予約開始…「マイニンテンドーストア」ならジョイコンの色をカスタマイズ可能

  8. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」ニンテンドースイッチソフトを一挙紹介! 『スプラトゥーン2』の新要素などに迫る

  9. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』マイニンテンドーストア限定版が1月27日に予約開始

  10. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

アクセスランキングをもっと見る