人生にゲームをプラスするメディア

これまでのシリーズとはかなり違ったものになる ― 青沼氏が『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』について語る

任天堂 3DS

これまでのシリーズとはかなり違ったものになる ― 青沼氏が『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』について語る
  • これまでのシリーズとはかなり違ったものになる ― 青沼氏が『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』について語る
  • これまでのシリーズとはかなり違ったものになる ― 青沼氏が『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』について語る
  • これまでのシリーズとはかなり違ったものになる ― 青沼氏が『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』について語る
  • これまでのシリーズとはかなり違ったものになる ― 青沼氏が『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』について語る
  • これまでのシリーズとはかなり違ったものになる ― 青沼氏が『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』について語る
『ゼルダの伝説』シリーズプロデューサーの青沼英二氏が、海外メディアの独占インタビューで『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』について語っています。

青沼氏は、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』はこれまでのシリーズとはかなり違ったものになると語っており、その一例としてリンクに与えられる新しい能力を紹介しました。

それは2Dと3Dを行き来できる能力で、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』に登場する絵の中に入ったり出たりできるファントムガノンからインスピレーションを受けたということです。リンクがこの能力を使うことにより、プレイヤーも必然的に異なる光の中で世界を探索することになります。

また、リンクに新しい世界を与えず、過去作『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の続編とした訳は、ニンテンドー3DSが見下ろし視点の世界への再訪を許容し、ゼルダゲームに接する新しい道をプレイヤーに提供できるからで、このゲームを再び始めるよい機会だったと語っています。

オリジナル版と異なり、今作では様々な3D効果が作品の中に散りばめられています。しかし青沼氏は、3Dでのプレイを好まない人がいることも理解しており、3Dスライダーのオンオフに関わらず、全ての人がゲームを楽しめるように作っているそうです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『デモンゲイズ2』『FIFA 17』『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』他

    今週発売の新作ゲーム『デモンゲイズ2』『FIFA 17』『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』他

  2. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  3. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

    『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  4. 「ポケモンGO Plus」バックグラウンド動作でも歩いた距離が記録されるように!タマゴを孵したり相棒のアメをゲット可能

  5. 『ポケモンGO』「相棒ポケモン」が追加されるアプデ配信を確認、一緒に歩いてアメをゲット

  6. 『ポケモンGO Plus』が発売直後から品薄状態に―次回出荷は11月上旬を予定

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモンGO』新機能「相棒ポケモン」詳細が明らかに!アメは何度でも貰え、肩に乗せることも

  9. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  10. 宮城県、被災地誘客のため『ポケモンGO』予算3000万を計上 ─ イベントや地域限定ポケモンなど

アクセスランキングをもっと見る

page top