人生にゲームをプラスするメディア

ビル破壊+人質解放アクションゲーム『モンケン』クラウドファンディングで出資者を募集

ゲームビジネス その他

開発中画面
  • 開発中画面
  • イメージイラスト
  • 向かって左から当初のキャラクター→途中→現在のキャラクター
  • 開発中の画面
  • ノベルティTシャツのデザインは仮のものです。変更になる場合もございます
黒川文雄・飯田和敏・中村隆之・納口龍司の各氏で構成されているゲーム企画プロジェクトチーム「チーム・モンケン」は、『モンケン』制作に際してクラウドファンディング「CAMPFIRE」にて制作資金を募ることを発表しました。今回の目標金額は200万円を想定しているとのことです。

『モンケン』は、ビル破壊+人質解放をテーマにしたアクションゲーム。「モンケン」とは、ビル解体の際にクレーンの先端に取り付けられていた鉄球のことで、建物には人質がとらわれています。

「モンケン」を建物にぶつけ犯人を動揺させ、破壊された脱出口からすべての人質を解放しましょう。建物は犯人が占拠しています。時折、窓から外の様子を伺う犯人を直接威嚇して投降させましょう。「モンケン」には体力の限界値があります。建物に与えるダメージとほぼ同じだけ「モンケン」も体力を消費してしまいます。重力と加速度をうまく使い最大限のパワーを引き出しましょう。モンケンの体力がなくなってしまうと、モンケンはワイヤーから手を離してしまいます。

『モンケン』は、インディーズ(自主制作)としてゲームの企画・開発から配布までを自らの手で行おうとしており、クラウドファンディングを活用するのもその一環としています。クラウドファンディングは、インターネットを通じて、企画に共感した友達・ファン・ソーシャルのつながり、そして世界中の人々など、一般からの資金援助を募るサービスです。

今回、調達した制作資金は、ゲーム・キャラクター・背景画像のクオリティアップ、プログラム費用への充当、ゲーム制作用ツールやソフト購入ライセンスのための実費として充当される予定です。『モンケン』は、PCやスマートフォン、タブレット端末をプラットフォームとし、まずは初夏の日本でリリース。そして全世界での頒布を目指しています。

また資金調達にあたり、CAMPFIREでの支援金額に応じたお礼が用意されています。たとえば500円支援すると、開発チームより、お礼のメッセージが届きます。3,000円支援で、限定壁紙画像データ+「モンケン」α版のプレイ権(※デバイスはPCとなります)。10,000円支援ではさらに、Facebook上の秘密のコミュニティ「モンケン・クラブ」への招待、制作者が参加するフォーラムへの参加権、特製モンケンTシャツがプレゼントされます。

そして30,000円支援では、月1度、実際の開発ミーティングへの参加権+モンケン特製デジタルアートブック(データ)、100,000円支援で、自分自身がイラスト化され、キャラクターとしてゲーム内へ登場する権利、300,000円支援で、スポンサーとしてゲーム中へのクレジット(会社名、商品名、個人名などで登場可能)がさらにプレゼントされるとのことです。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

    【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  4. ギズモード、コタクなどを運営するGawker Mediaが破産申請、プライバシー侵害で150億円の訴訟

  5. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  6. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

  7. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. 【CEDEC 2013】「飯野賢治は最後まで"ゲームクリエイター"だった」故・飯野賢治氏らが受賞したCEDEC AWARDSレポート

  10. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

アクセスランキングをもっと見る

page top