人生にゲームをプラスするメディア

米国ではダウンロード版3DSソフトの販売好調 ― 『FE覚醒』は3分の1を占める

任天堂 3DS

欧米版『ファイアーエムブレム 覚醒』パッケージ
  • 欧米版『ファイアーエムブレム 覚醒』パッケージ
  • レジー社長
米国『ニンテンドーeショップ』でのニンテンドー3DS向けゲームのデジタル配信は非常に好調で、売上の大きな部分をダウンロード版が占めているタイトルも出てきているようです。

米国任天堂レジー社長が海外サイトのインタビューの中で語ったところによると、現在米国の『ニンテンドーeショップ』には15の3DS向け任天堂タイトルが提供されており、2013年だけでも売上の11%がそれらデジタル配信版だったということです。

その中でも、北米で現在までに24万本を販売している『ファイアーエムブレム 覚醒』は、売上の3分の1がダウンロード購入されたもので、デジタル配信版の占める割合が非常に高いタイトルとなっています。

67%の北米3DSユーザーが3DSをネットに接続しているという調査結果も出ており、今後ますますデジタル配信版の売上が占める割合は高くなっていきそうです。

また、現在までに800万台が販売されるなど米国での3DS本体の売上も好調で、これに歩調を合わせるようにソフト自体の売上もパッケージ版デジタル版合わせ昨年比で55%もアップし、順調に販売数を伸ばしているようです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  3. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

    スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  4. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  5. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  6. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  7. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  8. スイッチ『いっしょにチョキッと スニッパーズ』はロンチソフトに、公式サイトがオープン

  9. あの『超惑星戦記メタファイト』が復活!インティ・クリエイツ新作『ブラスターマスターゼロ』2017年春発売

  10. 2月25日・26日に大阪でニンテンドースイッチ体験会が開催、『ゼルダの伝説 BotW』『1-2-Switch』が体験可能

アクセスランキングをもっと見る