人生にゲームをプラスするメディア

数ドルで買ったファミコンソフトが数万ドルのレアゲームだった

任天堂 その他

1987年北米で発売された『Stadium Events』
  • 1987年北米で発売された『Stadium Events』
  • レトロ感溢れるシンプルで素朴なゲーム画面
かつてリサイクルショップで7.99ドルで購入した古びたビデオゲームに思わぬ価値があると知った米国・ノースカロナイナに住む女性が、とりも直さず向かった先は地元の中古ゲームショップ。品物を調べた店主はもちろん驚愕。

査定の間、普段ならポーカーフェイスを決め込む店主が思わず声をあげてしまったという、その超レアアイテムは1987年発売の北米版ファミコンソフト『Stadium Events』(バンダイ)です。

『Stadium Events』(ファミリートレーナー)は100メートル走などの競技があるスポーツゲームで、トーナメントモードやオリンピックモードも楽しめるレトロな一品です。今見ればなおのことシンプルで素朴なゲームですが、ファミコンの北米進出のテスト販売の意味合いもあり出荷数も僅かだったうえに、任天堂が北米での販売権を取得した後、ブランド変更のため在庫は破棄処分されたということでまさに稀少価値の高いレアなゲームになりました。

2010年には未開封の『Stadium Events』が大手オークションサイト「eBay」に出店されてなんと4万1300ドル(約405万円)で落札されました。

その女性が持ち込んだ『Stadium Events』は開封されてあったこともあり、希望買取価格としては7000ドル~1万5000ドル(約68万円~約146万円)を見込んでいたということでしたが、その店主の店は昨年11月に開業したばかりということもあって払えるほどの手持ちの現金はなく、泣く泣く断念したということです。それでも一度はこの店にやって来た『Stadium Events』をそのまま返すには未練が残り、女性にお願いして手に持たせて貰い記念写真を撮影したそうです。

中古ゲームソフト店を女性と共に後にしたその『Stadium Events』は、今後すぐにでもeBayオークションに出店されるということです。返す返すも残念な店主ですが「聖杯(貴重な物品)は身近なところにあるという、人々に希望を与える話だね」と語っています。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

    「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  2. 『スーパーマリオ』の世界に変貌した米国バーが素敵

    『スーパーマリオ』の世界に変貌した米国バーが素敵

  3. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」3月24日号公開―今回も『ゼルダの伝説 BotW』が売上トップに

    「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」3月24日号公開―今回も『ゼルダの伝説 BotW』が売上トップに

  4. 4月からも『星のカービィ』25周年イベントが盛りだくさん!東急ハンズ・東京駅・ヤマシロヤで3イベントが開催

  5. 『スプラトゥーン2』いよいよ本日から先行試射会が開催!覚えておきたい情報まとめ

  6. 発売から約17年…『ドンキーコング64』で新たな隠しコインが発見!

  7. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  8. FC版『マイクタイソン・パンチアウト!!』30年越しの裏ワザ発見か!?ある“一撃必殺テク”が話題に

  9. 『マリオカート8 デラックス』一新されたバトル5種類の映像公開! 最多キャラ&最多コースで新たな戦いに臨め

  10. 『スプラトゥーン2』ではジャイロ感度も設定可能に、オプション画面の画像が公開

アクセスランキングをもっと見る