人生にゲームをプラスするメディア

次世代Xboxはゲームプレイ時もネット接続が必須?ツイート騒動でマイクロソフトが公式声明

マイクロソフト Xbox360

次世代Xboxはゲームプレイ時もネット接続が必須?ツイート騒動でマイクロソフトが公式声明
  • 次世代Xboxはゲームプレイ時もネット接続が必須?ツイート騒動でマイクロソフトが公式声明
今年に入り幾つかの海外サイトにて取り上げられ注目を集めている次世代Xboxのインターネット接続に関する仕様。Kotakuが複数のソースより確認した情報として、次世代Xbox“Durango”がゲームやアプリ起動時にもインターネット接続を必須としていると報じ、その詳細を幾つか伝えています。

1人の情報提供者は「最近になって変更されていない限りは、Durangoのコンシューマーユニットは使用するためにアクティブなインターネット接続が必要」とEメールを介してコメント。インターネット接続が無ければゲームやアプリを起動することが出来ず、またプレイ中にネット接続が3分間切断すると、ゲームやアプリが中断されネットワークのトラブルシューターが表示されると語っています。(ただしこの切断時間に関しては“記憶が正しければ現時点では3分間”とのこと)

次世代Xboxが常にインターネット接続を必要とするのではという噂は、先月の海外サイトVG Leaksのリーク資料などを筆頭に昨年より何度も伝えられてきたところですが、もう1人の情報提供者は、このオンライン仕様プランが実際に採用されたのは2週間前だと語っています。そのためかKotakuが関係を持つ他の複数のソースは、このオンライン必須に関するプランが本当に存在するのかどうかについて明言できなかった模様。もちろんマイクロソフト自身は今回も「噂や憶測にはコメントしない」とKotakuの質問に対し返答しています。

なおこの噂情報を報じたKotaku自身は、インターネット接続の仕様はファームウェアやネット接続を介して変更できるものであると予測されると記し、マイクロソフトが今後この仕様を変更する可能性があることを記事内で2度にわたり強調しています。

また、その後Microsoft Studiosのクリエイティブディクレターを名乗るAdam Orth氏が、噂される次世代Xbox“Durango”の常時オンライン接続を容認するかのようなツイートを繰り返し、海外メディアが一斉に報じていた件で、マイクロソフトより公式声明が発表されました。

「昨日の社員による不適切なTwitterコメントをお詫びします。この人物はMicrosoftの広報担当者ではなく、彼の個人的な見解は、我々の顧客を中心に据えた製品の取り組みや消費者の信頼と直接関わり合うやり方を反映したものではありません。この件で気分を害された全ての方々には本当に申し訳なく思います。しかしながら、今後の我々の製品についての発表は一切行なっておらず、この件についてこれ以上のコメントは控えます」

また、Xbox担当幹部Aaron Greenburg氏も「彼が誰なのか知らない」とツイート。さらに当事者であるAdam Orth氏はTwitterアカウントをロックして沈黙を守っています。

今回の騒動でこれまで以上に波紋を広げた“Always-On(常時オンライン接続必須)”の存在。ゲームファンからの反発はもちろんのこと、中古販売に打撃を与える可能性があるとして小売関係者からも懸念の声が少なからず寄せられています。

とはいえ、具体的な“Always-On”の仕様は定かで無い上に、ハード自体も未発表であるため、マイクロソフトがどのようなアプローチでこの問題に取り組んでくるのか、高い関心の目が向けられます。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』ダウンロードコンテンツ「演出強化パック」9月下旬リリース決定

    『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』ダウンロードコンテンツ「演出強化パック」9月下旬リリース決定

  2. Xbox One小型化新モデル「Xbox One S」海外発売日決定

    Xbox One小型化新モデル「Xbox One S」海外発売日決定

アクセスランキングをもっと見る

page top