人生にゲームをプラスするメディア

京都国際マンガ・アニメフェア2013開催決定、企画提案をTwitterなどで受付開始

ゲームビジネス その他

京まふ2012公式キャラクター「都萌(ともえ)ちゃん」
  • 京まふ2012公式キャラクター「都萌(ともえ)ちゃん」
  • 昨年の様子
「京都国際マンガ・アニメフェア2013」が2013年9月7日~8日に開催されることが発表されました。

「京都国際マンガ・アニメフェア」は、関西圏企業と首都圏企業を結ぶビジネスマッチングの場の創出、関西で優秀な若手クリエイターが育つための市場づくり、マンガアニメファン及び外国人も含めた観光客の新たな層の掘り起こしなど、関西圏のコンテンツ市場の促進を狙って開催されたコンテンツの総合見本市です。

「京まふ2012」は昨年の9月21日~23日にかけて開催され、パブリックデーの2日間には2万人を超えるファンを集め、京都近隣の企業とマンガ・アニメ産業のコラボレーション商品を10社18商品(30種類)、製造、販売し、ほぼ完売するなど大成功を収めました。

開催後も「京まふ」ブランドと「劇場版まどか☆マギカ」のコラボ商品を展開、今年3月末に開催されたアニメコンテンツエキスポ2013などでも販売され好評を博しました。

その「京まふ」が2013年も開催されることが決定しました。開催日となるのは9月7日と8日の2日間となっています。

これに合わせて、京まふ2013の企画提案が募集されています。「あんなことをしてほしい」、「こんなことをした方がよい」、「首都圏イベントでは経験できない京都ならではの企画を思いついた」などの提案をファンから募集するというものです。

提案はTwitterにてハッシュダグ「#kyomaf」を文末につけツイートするか、「京まふ」を文面にいれてツイートする簡単な方法と、メールにてがっつり提案をする2種類の方法が受け付けられています。受付期間は4月3日から21日までとなっています。

開催の全体内容は、公式サイトのリニューアルも兼ねて4月下旬に一部発表予定とのことですので続報に期待しましょう。

Kyoto international Manga Anime Fair All Rights reserved.
Kyomaf logo designed by Keita Amemiya (C)CHRONOGEAR CREATIVE,LTD.
Official character designed by Kosuke Fujishima (C) Kosuke Fujishima
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

  6. カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

  7. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  10. VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

アクセスランキングをもっと見る

page top