人生にゲームをプラスするメディア

『モンハン4』『逆転5』『ポケモンX・Y』など、期待の新作が早くもパンフレットで紹介

任天堂 3DS

チラシの表紙
  • チラシの表紙
  • 『モンスターハンター4』のページ
  • 『真・女神転生4』と『逆転裁判5』のページ
  • 『スーパーロボット大戦UX』のページ
  • 『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ』のページ
  • 『ルイージマンション』のページ
  • 『ポケットモンスターX』、『ポケットモンスターY』のページ
  • 3DSのページ
現在店頭で配布されているニンテンドー3DS向けのパンフレットを手に入れたので紹介します。

表紙にはこれから発売されるものから、既に発売中のものまで、人気ソフト7タイトルが描かれており、ページを捲るとカプコンの『モンスターハンター4』の紹介ページが。今夏に予定される本作の特徴である「高低差のあるフィールド」、「新たな武器」、「新たなモンスター」が前面に打ち出された内容となっています。

次のページは5月に発売されるインデックスの『真・女神転生4』。派生作品の多い『真・女神転生』シリーズですが、この『真・女神転生4』は『真・女神転生』シリーズから10年ぶりのナンバリングタイトルです。

その横は年内発売予定のカプコンの『逆転裁判5』。本作から裁判は3D表示となり、3DSとの相性は『レントンVS逆転裁判』と同じく抜群。今回は成歩堂龍一と王泥喜法介の2人の主人公が登場します。

次のページは3ページに亘り、3月に発売された『スーパーロボット大戦UX』と『Castlevania -Lords of Shadow- 宿命の魔鏡』、そして『ルイージマンション2』の紹介ページです。

そして10月に発売される『ポケットモンスター』シリーズ最新作である『ポケットモンスターX』と『ポケットモンスターY』がドン!と載っています。

最後は3DSと3DS LLの紹介ページで豊富なカラーバリエーションが紹介されています。

どのタイトルも新要素が強いものでレーティングも幅広いラインナップ。任天堂ハードでは珍しい15歳以上対象のCRSO Cや17歳以上対象のCRSO Dもみられます。そして、春・夏・秋と有名タイトルが定期的にリリースされることがアピールされています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  2. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  3. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

    【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  4. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  5. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

  6. 『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

  7. ゲーム作成&配信可能な3DS『RPGツクール フェス』発表! 配信されたゲームは『ツクールプレイヤー』でプレイ可能

  8. 『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

  9. 【3DS DL販売ランキング】『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』初登場9位、『ルーンファクトリー4』ランキング浮上(8/25)

  10. 任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top