人生にゲームをプラスするメディア

[H.]のサウンドに酔いしれる!「せがた三四郎」復活ライブの模様をフォトレポートでお届け

その他 全般

[H.]のサウンドに酔いしれる!「せがた三四郎」復活ライブの模様をフォトレポートでお届け
  • [H.]のサウンドに酔いしれる!「せがた三四郎」復活ライブの模様をフォトレポートでお届け
  • [H.]のサウンドに酔いしれる!「せがた三四郎」復活ライブの模様をフォトレポートでお届け
  • [H.]のサウンドに酔いしれる!「せがた三四郎」復活ライブの模様をフォトレポートでお届け
  • [H.]のサウンドに酔いしれる!「せがた三四郎」復活ライブの模様をフォトレポートでお届け
  • [H.]のサウンドに酔いしれる!「せがた三四郎」復活ライブの模様をフォトレポートでお届け
  • [H.]のサウンドに酔いしれる!「せがた三四郎」復活ライブの模様をフォトレポートでお届け
  • [H.]のサウンドに酔いしれる!「せがた三四郎」復活ライブの模様をフォトレポートでお届け
  • [H.]のサウンドに酔いしれる!「せがた三四郎」復活ライブの模様をフォトレポートでお届け
セガは、東京テレビセンターにて「せがた三四郎劇場feat.藤岡弘、&セガサウンドユニット[H.]~真面目に遊ばぬやつらに喝!~」を開催しました。

[H.]のライブ1曲目となるのは、『デイトナUSA』から「Le's Go Away 2004」。光吉氏による「デイトーナー!」の声が会場中に響き渡ります。疾走感あふれる楽曲のあとにやってきたのは、『龍が如く5』から「The Battle for the Dream」。光吉氏はマイクからベースに持ち替え、インストによるソリッドなサウンドへと変化していきました。

[H.]は、川口博史(Key)がリーダーをつとめるセガのコンポーザー陣によるバンド。メンバーには光吉猛修(Vo,Bass)、庄司英徳(Gt)、福山光晴(Key,Tp)、甲斐孝博(Gt)、工藤詠世(Dr)、そして前説担当でおなじみの西村ケンサクが加わり[H.]と呼称します。この日は、甲斐氏をぬいた6人がステージにあがりました。ちなみに、ドラムで参加している工藤さんは現役高校生です。

セガサターン特集ながら『龍が如く』が取り上げられているのは、庄司氏と福山氏が『龍が如く』を担当していることから。この日は、声優の能登有沙さんも登場してアーケードゲームである「maimai」から[猫日和。]も披露されました。後半のセガサターンメドレーには『NiGHTS』の楽曲も登場。スクリーンに『NiGHTS』が表示されたとたん観客からは「おぉおー!」の声が大合唱。

セガのライブといえばでおなじみの光景ですが、みなさん光吉氏と一緒に歌うんですよね。ボーカルの光吉氏も「みんな一緒に!」といってくれるので、みなさん楽しそうに思い出を共有していました。最後には、「せがた三四郎」が道着姿で登場!『セガサターン、シロ!(藤岡弘、ver.)』がスタートし、会場全員で魂込めて大合唱。この日、せがた三四郎は宇宙より帰ってきて本当に復活したのでした。

■セットリスト
M1:「Le's Go Away 2004」(『デイトナUSA』)
M2:「The Battle for the Dream」(『龍が如く5』)
M3:「In The Blue Sky」(『電脳戦機バーチャロン』)
M4:「猫日和。(歌:能登有沙)」(『maimai』)
―ここまでニコニコ生放送にて無料視聴可―
M5:「愛が足りないぜ 2004(歌:光吉猛修、能登有沙)」(アニメ「バーチャファイター」OP)

M6:武士道ラップ
M7:「Burning Heats ~炎のANGEL~」(『バーニングレンジャー』)
M8:「Conquista Ciela」(『電脳戦機バーチャロン』シリーズ)
M9:「未来へと続く空」(『ビクトリーゴール』)
M10:「ネーネーどうして?(歌:能登有沙)」(『ファンタジーゾーン』)
M11:「DREAMS DREAMS(歌:光吉猛修、能登有沙)」(『NiGHTS』)
M12:「セガサターン、シロ!(ショートver.)」(『せがた三四郎真剣遊戯』)

EC13:「セガサターン、シロ!(藤岡弘、ver.)」(『せがた三四郎真剣遊戯』)

(C)SEGA
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

    『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

  2. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

    「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  3. シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

    シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

  4. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  5. 【週刊インサイド】ニンテンドースイッチのソフトはリージョンフリーに…任天堂新ハードの情報や『スプラトゥーン2』発表などに注目集まる

  6. 劇場版 「チェンクロ」 第2章初日舞台挨拶、石田彰「盛り上がりどころしかない」

  7. 【レポート】『蒼き革命のヴァルキュリア』体験会で下里Pが語る―メインストーリーは30時間ほど、全体では60時間近い

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 「光のお父さん」がTVドラマに! 『FFXIV』上で綴られた親孝行計画が映像化

  10. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

アクセスランキングをもっと見る