人生にゲームをプラスするメディア

任天堂宮本氏「いつか引退する時のために準備は行っている」

ゲームビジネス 人材

任天堂の宮本茂氏が海外サイトのインタビューの中で、いずれ自身が引退した後のことを考え、準備を行っていることを明かしました。

現在60歳の宮本氏は、具体的な引退時期やプランについては考えておらず、関わっているプロジェクトの数やボリュームは以前と何も変化はないとしながらも、いつか任天堂から去る日のために、若いスタッフがより多くの事に関われるように動いていると語っています。

また、宮本氏と働く人々は彼の指示を期待する傾向があるため、各自のプロジェクトをプロデューサー自身でコントロールするように組織体制を改善していきたいと考えているようです。

宮本氏は、自分を喜ばせようと考えるのではなく、ユーザーが満足するものを開発者たちには作ってほしいと語っています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

    【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  2. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

    ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  3. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

    【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  4. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  5. 【レポート】「VR元年に何が起こったのか?」―SIE吉田修平氏、新清士氏らパネルで語る

  6. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  7. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

  8. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

アクセスランキングをもっと見る