人生にゲームをプラスするメディア

Epic Gamesがアンリアル・エンジン4を「プレイステーション 4」で実演・・・「Unreal Japan News」第62回

ゲームビジネス その他

新しいアンリアル・エンジン 4「エレメンタル」リアルタイムデモをPlayStation Meeting 2013で発表

ニューヨーク(2013年2月20日)‐ Epic Gamesは、PlayStation Meeting 2013で、「エレメンタル」リアルタイムデモの新バージョンを「プレイステーション 4」上で実演し、画期的なアンリアル・エンジン 4 ゲームエンジン技術を公開しました。

Epic Gamesの創立者兼CEOであるTim Sweeneyは、「長年かけて創り上げた弊社の技術と「プレイステーション」の融合に大変興奮しています。アンリアル・エンジン 4 は次世代型ゲーム開発とPS4TMの極めて優れた処理能力に特化してデザインされています。本日のデモは、デベロッパーが我々の提供するツールを使って実現できるPS4TM向けゲーム制作の一端をお見せする実演でもあります」と語りました。

今回発表されたデモは、エレメンタルナイトが溶岩で燃えたぎるハンマーを振りかざすオリジナルデモの最終場面から始まります。火山の激しい噴出と雪景色のコントラストは、ダイナミックな光源処理とシャドウイングによって表現され、アンリアル・エンジン4で実現されたハイエンドなレンダリング性能が明白な場面となっています。凍てつく山から解き放たれた氷の巨人が、白い息を吐きうなり声をあげ光を放ちながら出現する場面は、リアルタイムの反射光、サブサーフェイス・スキャッタリング、GPUによるパーティクル効果によってシーンを演出しています。

Epic、 Epic Games、Gears of War、Infinity Blade、Unreal、 Unreal Engine、UE3 とUE4は、米国およびその他の国と地域における Epic Games, Inc. の商標または登録商標です。その他のブランドや製品名は、各所有者の商標です。無断複写・転載を禁じます。「プレイステーション」および「PS4」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標または商標です。
《編集部》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  2. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

    IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  3. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

    SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  4. ゲーム業界で転職したい人へ・・・リクルートキャリアに聞く(後編)

  5. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  6. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  7. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  8. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  9. 社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

  10. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

アクセスランキングをもっと見る

page top