人生にゲームをプラスするメディア

【MWC 2013】表は液晶、裏はE-ink、ロシア発のスマホ「Yota Phone」に触れた

モバイル・スマートフォン Android

表面の様子
  • 表面の様子
  • 裏面の様子
  • どんな画面でも表示可能
  • ブースは独特の雰囲気
ロシアのYota Devicesが昨年末に発表したスマートフォン「Yota Phone」が、バロセロナで開幕したMobile World Congressにて初公開されました。

「Yota Phone」の特徴はデバイスの両面に画面が備わっていること。表面は4.3インチのLCDディスプレイ、裏面は4.3インチの電子インクディスプレイとなっています。バッテリー消費を極端に抑えられる電子インクを利用することで、単なる2画面の携帯電話とは異なる利用方法が考えられそうです。



MWCの会場では世界初公開のデバイスを1台だけ展示。「まだ開発中」とのことでしたが、双方の画面を連携させる使い方を体験できました。表面は一般的なAndroidスマートフォンと変わらない雰囲気ですが、その画面を裏面にタッチ一つで焼き付けられるのが特徴。例えば好きな画像を表示しておいたり、天気予報や今日のスケジュールを表示しておいたり、といった用途がありそうです。また、友達に何かを伝える際にも便利そうです。

様々なノーティフィケーション(通知)を受ける画面としても裏面は有益そうです。例えば、不在着信、テキストメッセージ、ソーシャルメディアのアップデート、メールといったものも、裏面を広く使えることで、便利に受け取れます。

もちろん、電子インクディスプレイということで、Kindleのように読書など長期間ディスプレイを眺める行為に対しても役立ちます。

OSはAndroid 4.2 Jelly Beanを搭載。CPUはクアルコムのデュアルコア1.5GhzのSnapdragon MSM 8960。メモリは2GBのRAMが搭載され、保存領域は32GB/64GB。重量は140グラムほど。表面の液晶はジャパンディスプレイ製で、周辺の設計はエプソンセミコンダクターが行ったそうです。発売は2013年後半。
《土本学》

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ディシディア』シリーズ最新作はRPG! スマホ向け『FF オペラオムニア』2016年配信

    『ディシディア』シリーズ最新作はRPG! スマホ向け『FF オペラオムニア』2016年配信

  2. 全ての課金がいつでも5%還元に!「SMART GAME(スマートゲーム)」で『戦国炎舞 -KIZNA-』をプレイしてみた

    全ての課金がいつでも5%還元に!「SMART GAME(スマートゲーム)」で『戦国炎舞 -KIZNA-』をプレイしてみた

  3. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

    不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  4. 美少女に水を“合法的”に掛けるシュター系アプリ『ウォーターガール』がけしからん!

  5. 『ポケモンGO』国内初の死亡事故…自動車運転中にプレイと供述、72歳女性が死亡

  6. 金融庁が『ポケモンGO』のポケコインを調査―資金決済法に関わる問題

  7. 『シャドウバース』に新カードパック「ダークネス・エボルヴ」登場!9月アプデ内容も公開、PC版は8月22日リリース

  8. 『タワー オブ プリンセス』が初音ミクとコラボ! オリジナルストーリーや期間限定コラボ装備も登場

  9. PC/スマホ向けカードゲーム『アトム時空の果て』プロジェクト始動!「鉄腕アトム」など手塚キャラを奥浩哉や須田剛一、松山洋らがリメイク!

  10. 『ポケモンGO』アップデート配信開始…「強さを評価してくれる機能」に加え、バグ修正も

アクセスランキングをもっと見る

page top