最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

次世代Xboxはモーションデバイスを同梱か、英誌「EDGE」が詳細を伝える

次世代Xboxはモーションデバイスを同梱か、英誌「EDGE」が詳細を伝える

2013年2月6日(水) 22時33分
  • 写真提供:Getty Imagesの画像
    写真提供:Getty Images

英国の雑誌EDGEは次世代Xboxに関しての詳細を伝えています。Xbox LIVEの重要性がより高まり、進化したKinectが同梱されるようです。

EDGEは実際に次世代Xboxを触ったソースからの情報としながら、以下のような情報を伝えています。

・Xbox LIVEなどオンライン機能が更に強化・拡充
・引き続きディスクでのゲーム販売も行われる
・ディスクは50GBのブルーレイディスク
・ゲームには認証コードが同梱され、認証が必須となり中古は弾かれる
・世間で言われているようなスペック情報は正しい
 CPUはAMD製 8コア x64 1.6GHz
 GPUはD3D11.x 800MHz
 メモリは8GBのDDR3 RAM
・ハードディスク容量はまだ決まっていない
・Kinectを進化させたハードが本体に同梱される
 (ソニーもカメラを進化させた同様のモーションデバイスを用意するとも指摘)

次世代のプレイステーションとXboxはいずれもPCに近いアーキテクチャを持つ一方、EDGEは複数ソースからの証言としてプレイステーションの方が性能を引き出しやすい設計が出来ていると伝えています。また、開発者は次世代Xboxではライブラリを通じてハードウェアにアクセスするしかできず、次世代プレイステーションでは直接ハードウェアを叩くことも許可されているとのこと。また、次世代XboxはOSのオーバーヘッドが大きいものになっているとも指摘されています。

ソニーは20日に「PlayStation Meeting 2013」を開催して次世代プレイステーションをお披露目すると見られています。マイクロソフトとしてもそう遠くない時期に次世代Xboxを披露する日が来ると考えられます。待ち遠しいですね。

(Article written by 土本学)

マイクロソフトアクセスランキング