人生にゲームをプラスするメディア

テイクツー、『Borderlands 2』約600万本の出荷本数を記録、『GTA4』『RDR』も好調

ゲームビジネス その他

テイクツー、『Borderlands 2』約600万本の出荷本数を記録、『GTA4』『RDR』も好調
  • テイクツー、『Borderlands 2』約600万本の出荷本数を記録、『GTA4』『RDR』も好調
  • テイクツー、『Borderlands 2』約600万本の出荷本数を記録、『GTA4』『RDR』も好調
Take-Twoは本日行われた2013会計年度Q3の業績報告会にて、昨年9月に発売されたGearbox SoftwareのFPS『Borderlands 2』が、600万本に近い出荷を記録したと発表しました。Take-Twoによれば、パッケージ、デジタルどちらのセールス面も強力なセールスが続いているようです。

昨年10月の終わりには500万本出荷が報告されていた同作、でさらに100万本ほどの出荷を記録したこととなります。海外レビュー集積サイトMetacriticでも90/100近いスコアをキープしており、名実共に一流タイトルの仲間入りを果たしたと言えそうです。

なおこの他にもTake-Twoのバスケットボールシリーズ『NBA 2K13』は、昨年10月の発売から約450万本セールスを記録しており、2010年の『NBA 2K11』から続くシリーズの総合売り上げは1,500万本以上に到達しているとのこと。また正確なセールス数は明らかにされていないものの、昨年リリースされたSLG『XCOM: Enemy Unknown』も商業的な成功を収めたことが伝えられています。

これらタイトルの成功が大きく影響し、2013会計年度Q3におけるTake-Twoの純収益は昨年の2億3,630万ドルから大きく成長して4億1,580万ドル。純利益は昨年の1,420万ドルから7,090万ドルへと成長しています。なおカタログセールスでは、約22%が『Grand Theft Auto IV』と『Red Dead Redemption』の純収益によるものだそうで、未だに両作の根強い人気が伺える結果となっています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

    【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 【特集】「期待のVRタイトル」10選 ― PS VRやOculus Riftがいよいよ今年発売

  6. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

  7. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  8. 【レポート】内田明理、ユークス入社経緯や過去作品について語る…箕星太朗との再タッグの可能性も

  9. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  10. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

アクセスランキングをもっと見る