人生にゲームをプラスするメディア

『スーパーロボット大戦UX』限定3DS LLをチェック、MAPをモチーフにしたクールなデザイン

任天堂 3DS

ニンテンドー3DS LL (天面)
  • ニンテンドー3DS LL (天面)
  • ニンテンドー3DS LL(裏面)
  • 『スーパーロボット大戦UX』限定3DS LLをチェック、MAPをモチーフにしたクールなデザイン
  • 『スーパーロボット大戦UX』限定3DS LLをチェック、MAPをモチーフにしたクールなデザイン
  • 『スーパーロボット大戦J』ゲームボーイミクロ用フェイスプレート(非売品)
バンダイナムコゲームスが3月14日に発売するニンテンドー3DSソフト『スーパーロボット大戦UX』、その限定版に同梱されるオリジナルデザインのニンテンドー3DS LL本体をチェックしてみましょう。

これまで数多くのゲーム機で発売されてきた『スーパーロボット大戦』シリーズ、ニンテンドー3DSでは登場となる作品が『スーパーロボット大戦UX』です。そして本作オリジナルデザインのニンテンドー3DS LLがセットになった「スーパーロボット大戦UX パック」も同時発売されます。

この限定3DS LLはブラックカラーをベースに、天面にはシリーズお馴染みの宇宙MAPが、裏面には地上MAPがデザインされたシンプルでカッコイイ『スパロボ』ファンにはたまらないデザインに仕上がっています。

なお余談ですが、任天堂プラットフォームでは過去に『スーパーロボット大戦J』が発売された際、クラブニンテンドーの景品としてオリジナルフェイスプレートを抽選で1万人にプレゼントされたことがあり、この時はシルバーカラーをベースに「鋼」や「魂」の文字がデザインされたものでした。

長い歴史ある『スパロボ』シリーズですが、限定モデルのゲーム機本体が発売されるのは非常に稀。ファンの方はこの機会をお見逃しなく。

『スーパーロボット大戦UX』は2013年3月14日発売予定。価格はパッケージ版・ダウンロード版共に7140円(税込)、「ニンテンドー3DS LL スーパーロボット大戦UXパック」が2万6040円(税込)です。

(C)サンライズ・バンダイビジュアル・バンダイチャンネル
(C)XEBEC・竜宮島役場
(C)XEBEC/FAFNER PROJECT
(C)SEGA/AUTOMUSS/Crypton Future Media, Inc. CHARACTER DESIGN:KATOKI HAJIME
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)ぴえろ
(C)B・P・W/ヒーローマン製作委員会・テレビ東京
(C)藤原忍/ダンクーガ ノヴァ製作委員会
(C)2006デモンベイン製作委員会
(C)2008 清水栄一・下口智裕・秋田書店/GONZO/ラインバレルパートナーズ
(C)2009,2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会
(C)2010 永井豪/ダイナミック企画・マジンカイザー製作委員会
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. 「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

    「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

  3. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

    『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  4. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  5. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

  6. 2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

  7. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  8. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  9. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  10. 宮本茂が語る『スーパーマリオ オデッセイ』への思い ─ 本作は“ガッツリ遊べるアクション”に

アクセスランキングをもっと見る