人生にゲームをプラスするメディア

鬼に操られていた?岡山市長「桃太郎市には改名いたしません!」

その他 全般

桃太郎市への改名はしないことを明かした岡山市
  • 桃太郎市への改名はしないことを明かした岡山市
  • 特設サイト上の動画で「桃太郎市」への改名を発表していた岡山市の高谷茂男市長
 「岡山市は『桃太郎市』に改名いたします。そして新しい市のキャッチフレーズは、『おしい!桃太郎市』です」――。観光PR用の特設サイト上でそんなユニークな発表をしていた岡山市だが、改名しないことが1日、明らかとなった。

 1月29日に同サイト上で、同市の高谷茂男市長が黄色い2本の角を頭に付けて「桃太郎市」への改名を発表する、という架空の記者会見を行う動画が公開されて話題となっていたが、大方の予想通り(!?)、同市は改名しないこと、および「おしい!桃太郎市」のキャッチフレーズを使用しないことを発表するとともに、改めて岡山市PR事業のキャッチフレーズとして「伝説の岡山市」を発表し、新たな特設サイトを公開した。同サイトでは、岡山市出身の俳優・甲本雅裕が市立探偵(市の探偵)に扮して「世界中で今、桃太郎が生まれている」という伝説の真実を探るスペシャルムービーを配信。そのほか、今後は岡山城や後楽園、果物王国、西大寺会陽など、岡山市の魅力を伝える「伝説ムービー」10本を順次公開予定としている。

 なお、今回の“改名騒動”は、「高谷市長が悪い鬼に操られていた為にとった行動」とのことで、2月1日に岡山市南方保育園で実施された事業開始イベントで、園児たちの節分の豆まきにより、市長を操っていた鬼は退散したのだそうだ。

「桃太郎市には改名いたしません!」……“改名騒動”は岡山市長が鬼に操られていた!?

《花@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止、プレイヤーの性格を武器にする『Last Standard』、ニンテンドースイッチ・海外での初回予約は続々終了…など(1/19)

    【昨日のまとめ】話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止、プレイヤーの性格を武器にする『Last Standard』、ニンテンドースイッチ・海外での初回予約は続々終了…など(1/19)

  2. PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

    PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

  3. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  4. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  5. 【日々気まぐレポ】第182回 「HGBF ルナゲイザーガンダム」登場!意外な組み合わせで誕生した異色のガンプラに迫る

  6. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  7. 「ねんどろいど カイロ・レン」予約開始―朽ち果てたダース・ベイダーのマスクも!

  8. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  9. 「刀剣乱舞-花丸-」デザインのTカードが登場、「三日月宗近」「加洲清光」などが集合した描き下ろしデザイン

  10. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

アクセスランキングをもっと見る