人生にゲームをプラスするメディア

鬼に操られていた?岡山市長「桃太郎市には改名いたしません!」

その他 全般

桃太郎市への改名はしないことを明かした岡山市
  • 桃太郎市への改名はしないことを明かした岡山市
  • 特設サイト上の動画で「桃太郎市」への改名を発表していた岡山市の高谷茂男市長
 「岡山市は『桃太郎市』に改名いたします。そして新しい市のキャッチフレーズは、『おしい!桃太郎市』です」――。観光PR用の特設サイト上でそんなユニークな発表をしていた岡山市だが、改名しないことが1日、明らかとなった。

 1月29日に同サイト上で、同市の高谷茂男市長が黄色い2本の角を頭に付けて「桃太郎市」への改名を発表する、という架空の記者会見を行う動画が公開されて話題となっていたが、大方の予想通り(!?)、同市は改名しないこと、および「おしい!桃太郎市」のキャッチフレーズを使用しないことを発表するとともに、改めて岡山市PR事業のキャッチフレーズとして「伝説の岡山市」を発表し、新たな特設サイトを公開した。同サイトでは、岡山市出身の俳優・甲本雅裕が市立探偵(市の探偵)に扮して「世界中で今、桃太郎が生まれている」という伝説の真実を探るスペシャルムービーを配信。そのほか、今後は岡山城や後楽園、果物王国、西大寺会陽など、岡山市の魅力を伝える「伝説ムービー」10本を順次公開予定としている。

 なお、今回の“改名騒動”は、「高谷市長が悪い鬼に操られていた為にとった行動」とのことで、2月1日に岡山市南方保育園で実施された事業開始イベントで、園児たちの節分の豆まきにより、市長を操っていた鬼は退散したのだそうだ。

「桃太郎市には改名いたしません!」……“改名騒動”は岡山市長が鬼に操られていた!?

《花@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

    【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

  2. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  3. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

    【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

  4. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到、「PlayStation VR」二次予約受付…各店舗の状況は?、『Project Sonic』海外発表…など(7/23)

  5. 弓矢でサバゲー! レジャー施設「CROSPO」に導入された“セーフアーチェリー”、矢がスポンジ製の安心設計

  6. 【昨日のまとめ】待望の国内配信がスタートした『ポケモンGO』、お役立ち情報からサーバーダウンまで話題一色…(7/22)

  7. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  8. 【昨日のまとめ】マクドナルドが『ポケモンGO』とコラボ、『ポケモン サン・ムーン』ばけのかわポケモン公開、『ポケモンGO』データ通信料1年間無料サービス…など(7/20)

  9. USJ、今年も“やり過ぎ”なホラーイベント実施…「生きた虫」やVR映像を駆使する最恐アトラクションも

  10. 劇場版「遊戯王」が4DX/MX4Dに!今秋上映決定

アクセスランキングをもっと見る

page top