人生にゲームをプラスするメディア

鬼に操られていた?岡山市長「桃太郎市には改名いたしません!」

その他 全般

桃太郎市への改名はしないことを明かした岡山市
  • 桃太郎市への改名はしないことを明かした岡山市
  • 特設サイト上の動画で「桃太郎市」への改名を発表していた岡山市の高谷茂男市長
 「岡山市は『桃太郎市』に改名いたします。そして新しい市のキャッチフレーズは、『おしい!桃太郎市』です」――。観光PR用の特設サイト上でそんなユニークな発表をしていた岡山市だが、改名しないことが1日、明らかとなった。

 1月29日に同サイト上で、同市の高谷茂男市長が黄色い2本の角を頭に付けて「桃太郎市」への改名を発表する、という架空の記者会見を行う動画が公開されて話題となっていたが、大方の予想通り(!?)、同市は改名しないこと、および「おしい!桃太郎市」のキャッチフレーズを使用しないことを発表するとともに、改めて岡山市PR事業のキャッチフレーズとして「伝説の岡山市」を発表し、新たな特設サイトを公開した。同サイトでは、岡山市出身の俳優・甲本雅裕が市立探偵(市の探偵)に扮して「世界中で今、桃太郎が生まれている」という伝説の真実を探るスペシャルムービーを配信。そのほか、今後は岡山城や後楽園、果物王国、西大寺会陽など、岡山市の魅力を伝える「伝説ムービー」10本を順次公開予定としている。

 なお、今回の“改名騒動”は、「高谷市長が悪い鬼に操られていた為にとった行動」とのことで、2月1日に岡山市南方保育園で実施された事業開始イベントで、園児たちの節分の豆まきにより、市長を操っていた鬼は退散したのだそうだ。

「桃太郎市には改名いたしません!」……“改名騒動”は岡山市長が鬼に操られていた!?

《花@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

    インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

  2. クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

    クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

  3. 【特集】爆笑乱闘ゲーム『Gang Beasts』のはじめ方―プレイ方法やゲーム内容を解説!

    【特集】爆笑乱闘ゲーム『Gang Beasts』のはじめ方―プレイ方法やゲーム内容を解説!

  4. 「ブックオフオンライン年間ランキング」ゲーム部門1位は『ドラクエIX』! 旧ハードの作品がずらり

  5. 失われた「50m」とは!?『ドンキーコング』意外と知らない7のヒミツ

  6. 海外ファンが描いたアニメ風『ゼルダの伝説』

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 「銀魂」性転換篇のアパレルグッズ登場、神楽の誕生日に発売へ

  9. 海外メディアが選ぶ「悪人から善人に転身したゲームキャラクター TOP10」

  10. 最新バージョン『太鼓の達人 レッドVer.』7月登場、「マクロスΔ」コラボを実施

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top