人生にゲームをプラスするメディア

THQ競売結果が判明、Take-Two、セガ、ユービーアイなど大手がIPやスタジオを落札

ゲームビジネス その他

所有するIPや小会社スタジオがそれぞれ個別で競売にかけられることになった倒産パブリッシャーTHQですが、既報の通り1月22日にオークションが実施され、関係者らの報告から、落札者や具体的な入札金額まで続々と判明しているので、以下にまとめてお伝えします。

1. Relic Entertainment
(Company of Heroes, Warhammer 40,000: Dawn of War他)

落札者: セガ
入札額: 2,660万ドル
次点入札者: ZeniMax Media(Bethesdaの親会社)
次点入札額: 2,630万ドル

2. THQモントリオール
(1666, Underdogの開発スタジオ, 現在未発表作を開発中)

落札者: ユービーアイソフト
入札額: 250万ドル
次点入札者: なし

3. Evolve
(Left 4 Dead開発元Turtle Rock Studiosの未発表新IP, 別名Metamorphosis)

落札者: Take-Two Interactive
入札額: 1,089万400ドル
次点入札者: Turtle Rock Studios
次点入札額: 25万ドル

4. Volition
(Saints Row, Red Factionシリーズの開発スタジオ)

落札者: Koch Media(Deep Silver)
入札額: 2,231万2,925ドル
次点入札者: ユービーアイソフト
次点入札額: 540万ドル

5. Homefront
(Homefront, Homefront 2の権利を含む)

落札者: Crytek
入札額: 54万4,218ドル
次点入札者: なし

6. Metro
(Metro 2033, Metro: Last Lightの権利を含む)

落札者: Koch Media(Deep Silver)
入札額: 587万7,551ドル
次点入札者: ユービーアイソフト
次点入札額: 517万5,000ドル

7. South Park
(3月5日発売South Park: The Stick of Truthのライセンス)

落札者: ユービーアイソフト
入札額: 326万5,306ドル
次点入札者: なし

これら以外で、『Darksiders』シリーズの開発スタジオVigil Gamesは、競売の合意に至らず、内部開発者の証言から、スタジオ閉鎖の可能性が囁かれています。

また、Take-Two Interaciveが『WWE』のゲーム化ライセンスを獲得したとの未確定情報が新たに伝えられています。

THQ競売に関する更なるディテールや続報は、本記事のアップデートまたは別の記事で随時お伝えしていく予定です。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 家庭用ゲーム機市場は-29%の大幅減・・・業界の趨勢の分かる調査結果

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

アクセスランキングをもっと見る