人生にゲームをプラスするメディア

THQ競売結果が判明、Take-Two、セガ、ユービーアイなど大手がIPやスタジオを落札

ゲームビジネス その他

所有するIPや小会社スタジオがそれぞれ個別で競売にかけられることになった倒産パブリッシャーTHQですが、既報の通り1月22日にオークションが実施され、関係者らの報告から、落札者や具体的な入札金額まで続々と判明しているので、以下にまとめてお伝えします。

1. Relic Entertainment
(Company of Heroes, Warhammer 40,000: Dawn of War他)

落札者: セガ
入札額: 2,660万ドル
次点入札者: ZeniMax Media(Bethesdaの親会社)
次点入札額: 2,630万ドル

2. THQモントリオール
(1666, Underdogの開発スタジオ, 現在未発表作を開発中)

落札者: ユービーアイソフト
入札額: 250万ドル
次点入札者: なし

3. Evolve
(Left 4 Dead開発元Turtle Rock Studiosの未発表新IP, 別名Metamorphosis)

落札者: Take-Two Interactive
入札額: 1,089万400ドル
次点入札者: Turtle Rock Studios
次点入札額: 25万ドル

4. Volition
(Saints Row, Red Factionシリーズの開発スタジオ)

落札者: Koch Media(Deep Silver)
入札額: 2,231万2,925ドル
次点入札者: ユービーアイソフト
次点入札額: 540万ドル

5. Homefront
(Homefront, Homefront 2の権利を含む)

落札者: Crytek
入札額: 54万4,218ドル
次点入札者: なし

6. Metro
(Metro 2033, Metro: Last Lightの権利を含む)

落札者: Koch Media(Deep Silver)
入札額: 587万7,551ドル
次点入札者: ユービーアイソフト
次点入札額: 517万5,000ドル

7. South Park
(3月5日発売South Park: The Stick of Truthのライセンス)

落札者: ユービーアイソフト
入札額: 326万5,306ドル
次点入札者: なし

これら以外で、『Darksiders』シリーズの開発スタジオVigil Gamesは、競売の合意に至らず、内部開発者の証言から、スタジオ閉鎖の可能性が囁かれています。

また、Take-Two Interaciveが『WWE』のゲーム化ライセンスを獲得したとの未確定情報が新たに伝えられています。

THQ競売に関する更なるディテールや続報は、本記事のアップデートまたは別の記事で随時お伝えしていく予定です。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

    VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  4. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  5. 【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

  6. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  7. 玩具にもVRの波…おもちゃ屋さんで販売できる価格帯のなかで、最先端の技術を提供

  8. 『ロスプラ3』『ニンジャガZ』を手掛けたSpark Unlimitedがゲーム開発事業から撤退

  9. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  10. 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top