最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
任天堂との契約、専用オフィスはもはや不要に? インディーズへの敷居を下げる

任天堂との契約、専用オフィスはもはや不要に? インディーズへの敷居を下げる

2013年1月22日(火) 18時38分
  • 任天堂との契約、専用オフィスはもはや不要に? インディーズへの敷居を下げるの画像
    任天堂との契約、専用オフィスはもはや不要に? インディーズへの敷居を下げる

Wii Uやニンテンドー3DS向けにゲームを開発しようと思うと、まずは任天堂とライセンス契約を結び、開発機材を入手する必要があります。しかし、このライセンス契約はインディーズデベロッパーにとっては敷居が高いものと言われてきました。岩田社長はこれを改善していく方針を示していますが、現実に状況は変化しつつあるようです。

任天堂オブアメリカでビジネス開発を担当しているDan Adelman氏はツイッターにて、あるユーザーから「以前岩田氏は契約には専用のオフィスが必要と言ってたけど、今もそうなの?」と尋ねられ、「また数週間以内に聞いてね」と意味深なコメント。3月にはGame Developers Conferenceも予定されていますが、デベロッパー向けに大きな変更が計画されているのかもしれません。

任天堂はインディーズデベロッパーにも門戸を開く方針で、Wii UのロンチタイトルでもeShopにてダウンロード専売の『Nano Assalt Neo』『Little Inferno』『Mighty Switch Force』といったインディーズデベロッパーが開発したタイトルが登場しています。開発への敷居を下げていくことで、多様なゲームがリリースされることを期待したいですね。

(Article written by 土本学)

任天堂アクセスランキング