人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレビュー】1人を守るためにどれだけの命を奪うのか『ヒットマン アブソリューション』

ソニー PS3

【プレイレビュー】1人を守るためにどれだけの命を奪うのか『ヒットマン アブソリューション』
  • 【プレイレビュー】1人を守るためにどれだけの命を奪うのか『ヒットマン アブソリューション』
  • エージェント47(吹き替え:てらそままさき)
  • ダイアナ・バーンウッド(吹き替え:深見梨加)
  • ヴィクトリア(吹き替え:竹達彩奈)
  • ベンジャミン・トラヴィス(吹き替え:宝亀克寿)
  • ブレイク・デクスター(吹き替え:石井康嗣)
  • 【プレイレビュー】1人を守るためにどれだけの命を奪うのか『ヒットマン アブソリューション』
  • 【プレイレビュー】1人を守るためにどれだけの命を奪うのか『ヒットマン アブソリューション』
2013年1月24日(木)にスクウェア・エニックスより発売予定の『ヒットマン アブソリューション』。ステルスアクションシリーズ最新作として海外では既にヒットを収めていますが、日本版の発売に向け、“ヒットマン”シ リーズの歴史や今作の特徴、登場人物などをまとめてご紹介したいと思います。

なお、日本版は欧米版と仕様の差異はなく、音声も吹き替えと英語音声を切り替えることができる仕様となっています(Xbox 360版は無料のダウンロードコンテンツをダウンロードすることで、英語音声に切り替え可能)。

■全世界累計販売本数800万本を突破する『ヒットマン』シリーズ
『ヒットマン』シリーズとは、イギリスのゲーム会社アイドス(現スクウェア・エニックス ヨーロッパ)により発売されていた人気ステルスアクションゲームのシリーズ名称で、開発はデンマークのIO Interactive社が行っています。漆黒のスーツに身を包み、スキンヘッドの後頭部にはバーコードの刺青― かつて伝説の暗殺者としてその名を知ら れた“エージェント47(フォーティセブン)”。プレイヤーはエージェント47となり、様々な手段を使い、指定されたターゲットの暗殺任務を遂行していく 事になります。

基本的なゲームシステムはステルスシューターであり、プレイヤーは“変装”や“スニーキング”のシステムを用いて、目標のターゲットに気づかれないよう近づき、最終的に“暗殺”する事でミッションをクリアしていく事となります。ただしあくまでもこれは一つの方法であり手段です。『ヒットマン』シリーズの魅 力はやはり何と言っても自由度の高さとやり込み要素。クリア方法はあくまでもプレイヤー自身に委ねられています。ミッション毎に想定されたクリア方法は存 在していますが、「目的さえ達成していれば手段は問わない」のです。

基本のステルス暗殺でいくもよし、ド派手にランボープレイをするもよし、料理人に変装してターゲットに“死ぬほど美味しい料理(まさに毒殺)“を提供するもよし。事故死に見せかけて暗殺する事も出来るので、ターゲットの暗殺方法はまさにプレイヤーの工夫次第でしょう。

■闇に生きる伝説の暗殺者「エージェント47」(吹き替え:てらそままさき)
シリーズを通しての主人公。本名は不明。暗殺機関エージェンシー(The International Contract Agency)に属する世界最高の暗殺者。漆黒のスーツに深紅のネクタイ、スキンヘッドの後頭部にバーコード型の刺青が刻まれているのが特徴。

エージェント47はルーマニアの遺伝子研究学者であるオルトマイヤー教授達の手により殺人兵器として造られたクローン。47という数字はその時つけられた被験体番号だ。オルトマイヤー教 授がフランス外人部隊に所属していた時に出会った“リー”、“パブロ”、“フランツ”、“ボリス”そして“オルトマイヤー”の5人のDNAから遺伝子を掛 け合わせて造られている。

変装をはじめ銃撃戦はお手のもの、毒殺や細工工作、格闘に狙撃と何でも出来る暗殺のエキスパート。二丁拳銃“シルバーボーラー“を愛用している。

顔色一つ変えず、黙々と暗殺をこなしていく姿に感情などを見る事は出来ないが、まったく感情がない訳ではない。今作では、かつて信じていたであろう人を暗殺しなければならない47の悲痛な面持ちなどを垣間見る事が出来る。

■物語に関わる主要な登場人物
◆ダイアナ・バーンウッド(吹き替え:深見梨加)
39歳。暗殺機関エージェンシーのオペレーター。エージェンシーから47への依頼の全てはダイアナを介して行われる。長年に渡り47のオペレーターを務め、彼の任務をアシストしてきた。また47の友人であり、唯一の理解者。オペレーターとしての評価は非常に優秀。2009年6月、ミッション達成率の高さから機関の評価指数と思われるテトラ・ランクに昇格。

47と強い信頼関係のあった彼女は、あろう事かエージェンシーを裏切る行為に出た。各エージェントの機密情報をばらまき、その混乱の中ダイアナは姿を消した。エージェンシーの貴重な資産である“ヴィクトリア“という名の少女を連れ去ったダイアナに、同僚であるベンジャミン・トラヴィスから「最優先暗殺ター ゲット」として暗殺するように指示される事となる。

◆ヴィクトリア(吹き替え:竹達彩奈)
ダイアナが47に託した謎の少女。ヴィクトリアを守るため、47はエージェンシーと対立する事になる。果たして47はダイアナの裏切りに隠された真実を見つけ出す事が出来るのだろうか。

◆ベンジャミン・トラヴィス(吹き替え:宝亀克寿)
43歳。暗殺機関エージェンシーのオペレーター。元アメリカ海軍所属の軍人であり、かつて海兵隊で活躍した暗殺作戦のスペシャリスト。ダイアナに代わり47のオペレーターとして選任される。47にダイアナの暗殺を指示した人物。

◆ブレイク・デクスター(吹き替え:石井康嗣)
71歳。軍事産業界のVIPで“デクスター・インダストリーズ“の創設者兼CEO。サウスダコタ州のホープに巨大な兵器工場を構え、町では篤志家として名を馳せるが、その財力と権力で社会を意のままに操る。(数々の失踪事件はデクスターに繋がると言われているほど。)エージェンシーの監視リストに追加され ている要注意人物。ヴィクトリアに妙な関心を寄せており、手下の傭兵を使い47の行く手を阻む。

■たった1人を守るために、どれだけの命を奪い去るのか―
“長年に渡って47とエージェンシーを繋ぐオペレーターとして数々の任務をサポートしてくれた仲間であり、47にとって最も親しい友でもあるダイアナが組織を裏切り、47は彼の人生の中で最も過酷な任務をICAから言い渡される。それはダイアナの暗殺依頼だった―”

ダイアナ暗殺後、最期を前にしたダイアナから47に託された最後の任務は1人の少女“ヴィクトリア“を連れて逃げてほしい、という依頼だった。ダイアナに託された最後の依頼を果たすため、また彼女の死の裏に隠された真実を求め、組織を離れ混沌の渦中へと身を投じる。

前作のブラッドマネーから約5年ぶりの新作となるシリーズ最新作ですが、依頼された暗殺任務をこなしていくというシリーズ通しての目標は変わりませんが、ストーリーはより壮大でドラマティックに展開していきます。

■確実にターゲットを暗殺するためには、エージェント47の特殊能力が鍵となる
ヒットマンシリーズの紹介でも述べましたが、エージェント47が目的を達成するためのさまざまな手段がゲーム内で用意されているのが大きな特徴。ミッションクリアのための手段(暗殺方法)も色々用意されており、ミッション自体も目的地に向かうためのルートが複数存在しています。。あらゆる選択肢が用意されている中で、プレイヤー自身が工夫を凝らしてミッションをクリアしていく流れはリプレイ性の高さにも繋がっているかと思います。

■今作初登場の特殊能力「インスティンクト」
エージェント47の研ぎ澄まされた直感、「インスティンクト」を使う事によって、ゲーム内でさまざまな特殊能力を使うことが出来るようになります。例えば 壁の向こうに潜む敵の姿を見ることが出来たり、敵の進行ルートの未来予測(動く方向など)がわかったり、アイテムとして利用できる物がハイライト表示されたりと、この能力を有効に使う事によって、ターゲットの暗殺をより完璧に遂行出来るようになります。

ただし、これでは簡単すぎるという人もご安心を。5つの難易度設定によってインスティンクト能力は異なり、高難易度では使用が制限される上、最高難易度のPURISTモードではインターフェースさえ表示されないので、腕に自信があるプレイヤーは挑戦してみるべし。

■シリーズおなじみの「変装」と「ブレンディング」
47の得意技である変装も、変装した衣装の同じグループに属する者に一定時間観察されてしまうと正体を見破られてしまいます。警察官に変装して同じ警察官 グループの側を通り抜けようとしたらバレてしまった、という場面を回避するには、インスティンクトの“ブレンディング”を使用する事で、変装しても正体を 見破られる事無く側を通り抜ける事が出来ます。

ただしブレンディング発動にはインスティンクトのゲージを消費するため、ゲージがなくなれば即座に正体を見破られてしまいます。発動したら素早くマップに設けられたハイドポイント(安全地帯)を活用するなりしましょう。

■狙いを定めた場所を確実に撃ちぬく「ポイントシューティング」
インスティンクトのゲージを消費し、迅速かつ正確に射撃する事が出来る能力。複数の敵に対して照準をロックオンする事が出来、頭を狙った即死、または致命 傷を与えるほどの弾丸を撃ち込む事が出来る。画像ではわかりづらいと思いますが、敵に弾丸を撃ち込むモーションと敵が倒れる時のキルカメラの演出がとても カッコいい能力。インスティンクトのゲージをかなり消費する技なので、ここぞと言う場面で使いたい技。

■ミッションをクリアしていくことでエージェント47の特殊能力が開花していく
各ミッションをクリアする事でスコアが表示され、獲得したスコアによって47の報酬(能力)がアンロックされていくシステムになっています。スコアの算出 方はさまざまで、一般人を殺してしまったり敵に発見されたりするとスコアが下がってしまいます。スコアを高く出すには、暗殺者としての腕を磨く必要があり ます。

またミッション中に遊べるやり込み要素として“チャレンジ”が設定されています。指定されたチャレンジをクリアする事により、スコアボーナスにも加算されていくので、一流の暗殺者を目指す方は頑張って挑戦してみましょう!

以上、『ヒットマン アブソリューション』の内容をざっとご紹介させていただきました。次回の記事では、実際に日本語版を体験したゲーム序盤ミッションのプレイレポートをお届けする予定です。お楽しみに!

【製品情報】
タイトル:HITMAN ABSOLUTION (ヒットマン アブソリューション)
ジャンル:ステルスアクション
発売日:2013年1月24日(木)発売予定
希望小売価格:7,980円(税込)Steam版:79.99$
対応機種:PlayStation 3、Xbox 360、Windows
CERO:Z(18歳以上のみ対象)

※Windows版パッケージはSQUARE ENIX E-Store専売
http://store.jp.square-enix.com/detail/SE-G0039

(C)2012 IO INTERACTIVE A/S. ALL RIGHTS RESERVED. PUBLISHED BY SQUARE ENIX CO., LTD. IO INTERACTIVE AND THE IO LOGO ARE TRADEMARKS OF IO INTERACTIVE A/S. HITMAN ABSOLUTION AND THE HITMAN LOGO ARE TRADEMARKS OF SQUARE ENIX LTD. SQUARE ENIX AND THE SQUARE ENIX LOGO ARE REGISTERED TRADEMARKS OR TRADEMARKS OF THE SQUARE ENIX GROUP. ALL OTHER TRADEMARKS ARE PROPERTIES OF THEIR RESPECTIVE OWNERS.
《えれ子》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. PS4/PS Vita『フィリスのアトリエ』の新たな登場キャラやゲームシステムなどの最新情報が公開!

    PS4/PS Vita『フィリスのアトリエ』の新たな登場キャラやゲームシステムなどの最新情報が公開!

  2. 現代学園×美少女×ファンタジーなRPG『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』情報公開!岸田メル・時雨沢恵一・五十嵐雄策・夏海公司を起用

    現代学園×美少女×ファンタジーなRPG『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』情報公開!岸田メル・時雨沢恵一・五十嵐雄策・夏海公司を起用

  3. 『ニーア オートマタ』の気になるアレコレを開発者に直撃―Steamでの国内向け発売はある?

    『ニーア オートマタ』の気になるアレコレを開発者に直撃―Steamでの国内向け発売はある?

  4. 美少女従魔RPG『よるのないくに2 ~新月の花嫁~』12月22日発売決定、新システム「リリィ」などの情報も

  5. 【CEDEC 2016】ノンゲームVRコンテンツ制作裏話...『シン・ゴジラ』と『乃木坂46 VRホラーハウス』ができるまで

  6. 【PS Vita DL販売ランキング】『デモンゲイズ』Best版が首位獲得、『恋愛0キロメートルV』は2位へ(8/26)

  7. ダーク戦国ACT『仁王』最新プレイムービーがお披露目!強大な妖怪たちが立ちはだかる

  8. 「ペルソナ5 公式ガイドブック」ゲームソフトと同日発売決定―物語中盤までサポート!

  9. 『蒼き革命のヴァルキュリア』発売日は2017年1月19日に!特典や「TGS2016」出展情報も

  10. 戦国死にゲー『仁王』β体験版が配信開始!特製グッズが貰えるTwitterキャンペーンも!

アクセスランキングをもっと見る

page top