最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
ケイブ、第2四半期も苦戦が続く・・・既存タイトルのユーザー減少などで

ケイブ、第2四半期も苦戦が続く・・・既存タイトルのユーザー減少などで

2013年1月17日(木) 22時11分
  • 業績推移(公表資料から筆者作成)の画像
    業績推移(公表資料から筆者作成)

ケイブが発表した平成25年5月期 第2四半期(累計期間)の業績は、売上高11億8000万円(▲9.5%)、営業損失1億6400万円(-)、経常損失1億3300万円(-)、四半期純損失1億6600万円(-)と、既存タイトルの苦戦から、前年同期から赤字幅が拡大しました。

同社は数年、ソーシャルゲーム『しろつく』などのヒットで好業績を続けてきましたが、競争の激化によるユーザー数の減少や新作のヒット作不足により平成24年5月 第2四半期から赤字基調となっています。新規タイトルも開発が遅れており、決算資料で触れられている上期の新展開は『くにつく』のMobageでのリリース、dゲームでのリリースという移植のみです。

第1四半期と第2四半期のPLを比較すると、売上高が6億6100万円→5億1800万円と約1億5000万円減少しているのに対して、人件費等の売上原価は2億9200万円→2億9900万円、販売費・一般管理費は3億8400万円→3億6700万円とほぼ横ばいで、それがそのまま営業損失1500万円→1億4800万円の拡大に直結しています。他社と異なり、ケイブは好調時の急拡大は行なっておらず、売上の上下がそのまま利益の上下に繋がるという構造のようです。次なるヒット作が待たれます。

ケイブでは第1四半期決算時に未定としていた通期の業績予想を、売上高25億円、営業損失2億円、経常損失1億7000万円、当期純損失2億1000万円と公表しています。

(Article written by 土本学)

ゲームビジネスアクセスランキング