人生にゲームをプラスするメディア

ケイブ、第2四半期も苦戦が続く・・・既存タイトルのユーザー減少などで

ゲームビジネス 市場

業績推移(公表資料から筆者作成)
  • 業績推移(公表資料から筆者作成)
ケイブが発表した平成25年5月期 第2四半期(累計期間)の業績は、売上高11億8000万円(▲9.5%)、営業損失1億6400万円(-)、経常損失1億3300万円(-)、四半期純損失1億6600万円(-)と、既存タイトルの苦戦から、前年同期から赤字幅が拡大しました。

同社は数年、ソーシャルゲーム『しろつく』などのヒットで好業績を続けてきましたが、競争の激化によるユーザー数の減少や新作のヒット作不足により平成24年5月 第2四半期から赤字基調となっています。新規タイトルも開発が遅れており、決算資料で触れられている上期の新展開は『くにつく』のMobageでのリリース、dゲームでのリリースという移植のみです。

第1四半期と第2四半期のPLを比較すると、売上高が6億6100万円→5億1800万円と約1億5000万円減少しているのに対して、人件費等の売上原価は2億9200万円→2億9900万円、販売費・一般管理費は3億8400万円→3億6700万円とほぼ横ばいで、それがそのまま営業損失1500万円→1億4800万円の拡大に直結しています。他社と異なり、ケイブは好調時の急拡大は行なっておらず、売上の上下がそのまま利益の上下に繋がるという構造のようです。次なるヒット作が待たれます。

ケイブでは第1四半期決算時に未定としていた通期の業績予想を、売上高25億円、営業損失2億円、経常損失1億7000万円、当期純損失2億1000万円と公表しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  2. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

    VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  3. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  4. 松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

  5. テイクツーとGameStopの株価が下落 ― 『グランド・セフト・オートV』の9月発売影響か

  6. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  7. 脳波を測定して“好みの女の子”を自動選択してくれるVRデートコンテンツ誕生

  8. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  9. VRコントローラー「Oculus Touch」をどう使う? 違和感ない操作をOculusのエンジニアがアドバイス

  10. ゲオとエイシス、PCゲームレンタル事業を2017年春より開始

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top