人生にゲームをプラスするメディア

2016年までに「デス・スター」建設を・・・国民の請願にオバマ大統領は何と答えた?

その他 全般

請願のウェブサイト
  • 請願のウェブサイト
  • オバマ大統領もコメント
米国政府のウェブサイト「WE the PEOPLE」では誰もが政府に対して請願を行うことができ、賛同者が2万5000人を超えたものに対しては公的な対応が義務付けられています。

昨年11月に掲載された請願は、米国政府に対して2016年までにスターウォーズに登場した「デス・スター」の建設を求めるもの。「デス・スター」は銀河帝国の最終兵器で、直径は120キロにもなり、地球と同規模の惑星を破壊する能力を持ちます。この請願は大きな話題を呼び、賛同者はすぐに3万人を超えました。

しかしながらホワイトハウス予算管理局の科学・宇宙担当官のポール・シャウクロス氏は「皆さんが望むような回答ではありませんが」として「デス・スター」の建設は米国政府としては困難であると延べました。

同氏が課題として挙げたのはその予算額。リーハイ大学の試算によれば「デス・スター」の建設に必要な予算は85京ドルという途方も無い金額。シャウクロス氏は「政府債務の削減に努力をしているのに、こんな金額を支出することはできない」とコメント。更に、「惑星の破壊は支持できない」「誰かに乗っ取られる危険性を孕んだ兵器に税金を投じるのは難しい」などと記されています。

一方で米国政府は民間の力を借りながら国際宇宙ステーション、火星探査ミッション、巨大宇宙望遠鏡を始めとして宇宙空間における大規模なプロジェクトに投資を行なっていて、皆さんの力がこれを促進していくでしょうとコメントしています。

「もしあなたが科学、技術、工学、数学を学ぶならばフォースはあなたとともにあるでしょう。デス・スターが惑星あるいは恒星系を破壊する能力を持っていたとしてもフォースの力の前では無力だということを忘れてはなりません」

ちなみにオバマ大統領も国民の税金を乗っ取られるかもしれない兵器には費やせないとツイッターで述べています。


《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到、「PlayStation VR」二次予約受付…各店舗の状況は?、『Project Sonic』海外発表…など(7/23)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到、「PlayStation VR」二次予約受付…各店舗の状況は?、『Project Sonic』海外発表…など(7/23)

  2. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  3. 弓矢でサバゲー! レジャー施設「CROSPO」に導入された“セーフアーチェリー”、矢がスポンジ製の安心設計

    弓矢でサバゲー! レジャー施設「CROSPO」に導入された“セーフアーチェリー”、矢がスポンジ製の安心設計

  4. 【昨日のまとめ】マクドナルドが『ポケモンGO』とコラボ、『ポケモン サン・ムーン』ばけのかわポケモン公開、『ポケモンGO』データ通信料1年間無料サービス…など(7/20)

  5. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  6. 【昨日のまとめ】待望の国内配信がスタートした『ポケモンGO』、お役立ち情報からサーバーダウンまで話題一色…(7/22)

  7. 劇場版「遊戯王」が4DX/MX4Dに!今秋上映決定

  8. 素材サイト「いらすとや」がVRイラストを公開…プレイ姿を見守る母親の姿も

  9. LEDトレース台と初心者用本格画材がセットに! 「アイシー コミっくる ガール/ボーイ」発売決定

  10. 世界初の「音ゲーコースター」が東京ジョイポリスに登場!音ゲーとジェットコースターが融合

アクセスランキングをもっと見る

page top