人生にゲームをプラスするメディア

Wii U、米国で年末までに89万台を販売・・・任天堂発表

任天堂 Wii U

任天堂オブアメリカは独立系調査機関NPD Groupのデータに基づき、Wii Uの販売が昨年末までに89万台に達したと発表しました。12月単体では46万台の販売でした。Wii Uは11月18日に各国に先行して米国で発売となりました。

同社のセールス&マーケティング担当上級副社長は「6年前のWiiの発売は正に記録的なものでしたが、Wii Uの発売も"売上金額"という最も大事な部分で記録を打ち立てました。デラックス版の需要は非常に高く、年末商戦ではほぼ品切れとなり、ロンチタイトルの『NewスーパーマリオブラザーズU』も高い装着率となりました。私たちは今後も更に新しい体験を人々に提供し、多くの笑顔に出会いたいと考えています」とコメント。

Wii Uハードの売上金額は3億ドルで、Wiiの同じ期間の売上金額の2億7000万ドルを上回ったとのこと。

その他のハードも含めて任天堂は265万台のハードを12月に販売。11年連続で年間800万台以上のハードを販売したとのこと。

■その他のデータ

Wii U

・NewスーパーマリオブラザーズUは58万本を販売、ハードに対する装着率は65%

ニンテンドー3DS

・本体は125万台を販売、累計台数は770万台に到達
・Newスーパーマリオブラザーズ2が4番目のミリオンセラー達成。累計本数は145万本
・3DSは依然としてDSの普及ペースを上回っている

Wii

・本体は47万5000台を販売し、累計台数は4080万台に
・『ジャストダンス3』が10番目の500万本達成タイトルに

ニンテンドーDS

・本体は47万台を販売し、累計台数は5300万台に
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  5. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  8. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  9. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  10. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

アクセスランキングをもっと見る