人生にゲームをプラスするメディア

デベロッパー「もし3DSでマジコンが普及すると新作ゲームは開発できない」

任天堂 3DS

デベロッパー「もし3DSでマジコンが普及すると新作ゲームは開発できない」
  • デベロッパー「もし3DSでマジコンが普及すると新作ゲームは開発できない」
Renegade Kidの共同創立者がニンテンドー3DSの著作権侵害に対しての意見をブログに投稿し、内容に対する誤解などから炎上してしまったようです。

ニンテンドーDS/3DS向けゲームを主に開発するRenegade Kidの共同創立者で、ゲームディレクターでもあるJools Watsham氏が、自身のブログでマジコン問題について述べた投稿が話題を呼んでいます。

この投稿は、もともとは3DSのシステムプロテクションが破られたことについて書いたもので、マジコンの蔓延がヨーロッパのDSソフトマーケットを縮小させてしまったと考えるWatsham氏は、「もしニンテンドー3DSの著作権侵害の状況が悪くなれば、我々は新作をリリースすることをやめざるを得ない」とブログで発言しました。

しかし、その事が任天堂や3DS、そしてプレイヤーへ対する攻撃だと一部の人に誤解されてしまい、様々な議論を呼んでいます。

その投稿に補足する形で書かれた最新記事では、発言を誤解されてしまったことを悲しく思っており、自身は任天堂の支持者であると語っています。

また、先の発言で本当に言いたかったのは、「ゲームデベロッパーがゲームで収益を得られなければ開発はできなくなり、それは著作権侵害の状況が悪くなれば現実になる可能性がある」ことだと述べています。

Watsham氏は、マジコンを完全に撲滅させることは難しいと思っており、常に何らかの形で存在していくだろうとも確信しているようです。しかし、ゲームの価格が手頃かどうかを見極め、それらが簡単に購入できるようになれば著作権侵害に対する問題は小さなものになるだろうと語っています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  3. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  4. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  7. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  8. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

  9. レベルファイブ新作『スナックワールド』アニメ/スマホ版は2017年4月、3DS版は2017年7月登場

  10. 3DS/スマホ『レディレイトン』発表!シリーズ最新作は“レイトン教授の娘”の物語

アクセスランキングをもっと見る

page top