人生にゲームをプラスするメディア

【Nintendo Direct】岩田社長「長年の課題に目処が立った」 ― 「ポケモン」シリーズ初の世界同時発売

任天堂 3DS

『ポケットモンスターX』『ポケットモンスターY』
  • 『ポケットモンスターX』『ポケットモンスターY』
  • 『ポケットモンスター 赤・緑』は1996年発売
  • 海外では『赤』と『青』が2年遅れで発売された
  • 初めてカラーになった『金・銀』
  • こちらも日本からは1年遅れ
  • 初のGBAタイトルとなった『ルビー・サファイア』
  • 体制の見直しで多少間隔が短くなったとのこと
1月8日のNintendo Directで発表されたニンテンドー3DSソフト『ポケットモンスター X・Y』ですが、シリーズで初めて日本を含めて米国・欧州・豪州の全世界同時発売となることが明らかになりました。

ご存知の通り、本作には多数のポケモンが登場するなど、各地域でのローカライズに大変な時間がかかっており、1作目の『赤・緑』は、日本発売の2年後である1998年に(『緑』ではなく『青』と『赤』の2種類)ようやく海外発売でされ、『金・銀』も北米では約1年、欧州では2年遅れの販売となっていました。

その後のタイトル『ルビー・サファイア』では、海外での販売体制を見直し、日本発売から半年程度で販売することができたということですが、「どうしても数ヶ月の遅れを避けることはできなかった」と、任天堂社長の岩田聡氏は語っています。

そして、本作で遂に世界4地域でほぼ同時発売することになりましたが、岩田は「ようやく、長年の目標の実現に目処が立った」と語っています。また、同時発売となることで、「世界中のトレーナーと同時に新作を楽しむことができるようになる」とその意義を強調しました。

実際にどのようにして課題を克服したのかは語られませんでしたが、後々明らかにされるかもしれませんので、ゲームの情報のみならず、こちらにも注目すると、また違った視点でゲームを楽しめるかもしれません。

『ポケットモンスター X・Y』は、2013年10月発売予定で価格は未定です。

(C)2013 Pokemon.
(C)1995-2013 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. HMD&銃型コントローラーで『スプラトゥーン』をプレイする「スプラトゥーン ハック!」がすごい

    HMD&銃型コントローラーで『スプラトゥーン』をプレイする「スプラトゥーン ハック!」がすごい

  2. 『ポケモン サン・ムーン』次回の新情報解禁は7月1日22時ごろ

    『ポケモン サン・ムーン』次回の新情報解禁は7月1日22時ごろ

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 『妖怪ウォッチ3』に堺雅人と菜々緒が出演!堺雅人はTVCMにも登場

  5. 『星のカービィ』PC・タブレット用ステッカーが販売開始、「ウイスピーウッズ柄」と「ステージキット柄」で展開

  6. 『ゼルダ無双』にマリン参戦!6月30日配信の「夢をみる島パック」で実装、新マップも登場

  7. ゲームセンターCX『ポケモン 赤・緑』第2回映像が公開、今回の目標はポケモン図鑑50匹

  8. 海外版『モンハン クロス』で『ストライダー飛竜』コラボ!「飛竜」の装備が登場

  9. 『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』発売日決定、購入特典は25周年記念テーマ

  10. 【E3 2016】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をプレイ!美しい世界、心地いい操作感、そして数々の謎とは

アクセスランキングをもっと見る

page top