人生にゲームをプラスするメディア

『ピクミン3』はオリジナルへの原点回帰でより戦略要素の高いゲームに

任天堂 Wii U

海外のゲーム雑誌「GamesMaster」で、任天堂の宮本茂氏が『ピクミン3』について語っているインタビューが掲載されています。

プレイヤーにストレスをかけないように作られた『ピクミン2』はユーザーフレンドリーではあったものの、オリジナルの『ピクミン』を愛するプレイヤーにはある意味ヌルいゲームだったかもしれません。しかしシリーズ新作『ピクミン3』では、戦略要素の強いオリジナル『ピクミン』に近いゲームになると宮本氏は語っています。

『ピクミン』は決して簡単なゲームではなく、プレイヤーはプレイ中にストレスを感じることもありました。しかしそういったゲーム性こそが宮本氏が求めていたもので、故意にそのような要素を取り入れることにより、『ピクミン』は戦略ゲームになりえたと語っています。

『ピクミン2』の、「プレイヤーにストレスをかけない」というコンセプトについては、当時の宮本氏は完全に賛成だったわけではなかったようで、『ピクミン3』ではオリジナル『ピクミン』のようなゲーム性を目指すことになりました。

『ピクミン3』の開発がスタートしたとき、宮本氏はチームのメインメンバーであり、かつて『ピクミン2』に携わったスタッフを集め、『ピクミン』へと原点回帰することがいかに重要であるかを説明し、彼らが同意してくれるように説得したということです。



戦略ゲームとしての要素が強いという『ピクミン3』ですが、発売は2013年春と発表されています。『ピクミン2』からのユーザーからは賛否両論の意見も出てきそうですが、どんなゲームに仕上がっているのかが非常に楽しみなタイトルです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  2. 『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

    『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

  3. 任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

    任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

  4. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  5. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  6. 『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

  7. ゲーム作成&配信可能な3DS『RPGツクール フェス』発表! 配信されたゲームは『ツクールプレイヤー』でプレイ可能

  8. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  9. 【3DS DL販売ランキング】『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』初登場9位、『ルーンファクトリー4』ランキング浮上(8/25)

  10. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

アクセスランキングをもっと見る

page top