人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイソフト、政府系機関と連携して新ゲームエンジン開発に16億円を投資

ゲームビジネス その他

ユービーアイソフト、政府系機関と連携して新ゲームエンジン開発に16億円を投資
  • ユービーアイソフト、政府系機関と連携して新ゲームエンジン開発に16億円を投資
大手パブリッシャーのユービーアイソフトがフランスの政府系機関、原子力・代替エネルギー庁(CEA)と国立科学研究センター(CNRS)と提携して次世代機向けゲームエンジンの開発に取り組むと現地紙Libérationが伝えています。

プロジェクトは「Mango」(マンゴー)と呼ばれ、22ヶ月間で総額1400万ユーロ(約16億円)を投資、うち350万ユーロを政府が負担します。ユービーアイソフトは次世代機をターゲットとした作品として『Watch Dogs』を発表していますが、そうした作品とも関わりが出てくるかもしれません。

ゲームエンジンの開発には『アサシンクリード』『ファークライ』などを開発するモントリオール、『レイマン』『ゾンビU』などを開発するモンテペリエのスタジオらが、CEAやCNRS、リヨン大学のLIRIS-CNRS(画像・情報システムコンピューティング研究所)らの研究者らと共に取り組み、追加の人員を雇用する計画もあるとのこと。

「メイド・イン・フランス」のゲームエンジンを開発しようとするこの計画は、ゲーム開発におけるフランスの地位を向上させ、価値ある雇用を生もうとする取り組みの一環です。経済再生担当の政務次官Fleur Pellerin氏は自国製のゲームエンジンの開発により「メイド・イン・フランス」のゲームをより価値の高いものと認められるようにしたいと述べています。

モンテペリエにて行われた記者会見ではゆユービーアイソフトのYves Guillemot CEOも同席。フランスがゲーム産業に関心を示していることについて、非常に良いシグナルで、「Mango」は高騰するゲーム開発費や投資の拡大に対する解決策に成りうると述べたとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  8. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  9. 【CEDEC 2012】ハンソフト、カプコンへプロジェクト管理ツール「Hansoft」を提供

  10. 【台北ゲームショウ2016】成長著しいアジアマーケットにフォーカス、熱いショウが開幕

アクセスランキングをもっと見る