人生にゲームをプラスするメディア

ジンガジャパン、2013年1月31日をもって解散

ゲームビジネス 市場

ジンガジャパン、日本法人解散
  • ジンガジャパン、日本法人解散
  • Zynga
ジンガジャパンは、12月21日に2013年1月31日をもって解散することを発表しました。

同社は米Zynga社の日本法人として2010年8月に設立。設立に際しては、『まちつく!』などを運営していたウノウを買収し、ソフトバンクがZyngaに対して当時のレートで約137億円を出資しました。ソフトバンクの孫正義社長も「ジンガとソーシャルゲームに関して同じビジョンを共有しており、両社で強力なチームを作ることを楽しみにしています」とコメントするなど、両社の協業に注目が集まりました。

また、同年12月にはmixiアプリに『FarmVille』をローカライズした『ファームビレッジ』を投入。2011年には元コーエーテクモホールディングス代表取締役社長の松原健二氏が代表取締役CEOに就任し、日本市場に向けたタイトルもリリースされました。

ところが、米Zyngaの経営状況が悪化、2012年度第2四半期決算では1億816万ドルの大幅赤字を計上していました。同社はリストラ策として、約100名のレイオフと運営中の13タイトルを終了することを発表し、日本でも前述の『まちつく!』をはじめ『もじとも☆』『モントピア』の3タイトルが12月21日をもって終了する運びとなりました。

今回の解散理由についてジンガジャパンは「諸般の事情により」としています。また、「これまで弊社タイトルを楽しんで頂きましたお客様をはじめ、ご支援を頂いた皆様に心より深く御礼を申し上げます」とのコメントを発表しました。

なお、現在も好評の『あやかし陰陽録』については、日本法人解散後もサービスを継続するということです。

《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

    スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

  2. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  3. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

    VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  4. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  5. 【GDC 2014】任天堂が明かす、N64時代から始まる『どうぶつの森』成長と心機一転の物語

  6. 【GTMF 2014】Havok Destructionがバージョンアップ! 大量の破片が飛び散る、次世代の破壊表現とは?

  7. 【朝刊チェック】バンプレスト景品ぬいぐるみ海外に展開、ドラゴンボールやナルトなど(5/22)

  8. 本格派のゲームで成功したスマホソーシャルRPG『マジモン』、ディレクター&プランナーに聞く

  9. 『インフィニティ・ブレード』がリリース!モバイルからモーションゲームへ、アンリアル・エンジンの新たな挑戦・・・「Unreal Japan News」第12回

  10. 【レアコレクティブス】第16回 クラブニンテンドーオリジナルカレンター

アクセスランキングをもっと見る

page top