人生にゲームをプラスするメディア

ジンガジャパン、2013年1月31日をもって解散

ゲームビジネス 市場

ジンガジャパン、日本法人解散
  • ジンガジャパン、日本法人解散
  • Zynga
ジンガジャパンは、12月21日に2013年1月31日をもって解散することを発表しました。

同社は米Zynga社の日本法人として2010年8月に設立。設立に際しては、『まちつく!』などを運営していたウノウを買収し、ソフトバンクがZyngaに対して当時のレートで約137億円を出資しました。ソフトバンクの孫正義社長も「ジンガとソーシャルゲームに関して同じビジョンを共有しており、両社で強力なチームを作ることを楽しみにしています」とコメントするなど、両社の協業に注目が集まりました。

また、同年12月にはmixiアプリに『FarmVille』をローカライズした『ファームビレッジ』を投入。2011年には元コーエーテクモホールディングス代表取締役社長の松原健二氏が代表取締役CEOに就任し、日本市場に向けたタイトルもリリースされました。

ところが、米Zyngaの経営状況が悪化、2012年度第2四半期決算では1億816万ドルの大幅赤字を計上していました。同社はリストラ策として、約100名のレイオフと運営中の13タイトルを終了することを発表し、日本でも前述の『まちつく!』をはじめ『もじとも☆』『モントピア』の3タイトルが12月21日をもって終了する運びとなりました。

今回の解散理由についてジンガジャパンは「諸般の事情により」としています。また、「これまで弊社タイトルを楽しんで頂きましたお客様をはじめ、ご支援を頂いた皆様に心より深く御礼を申し上げます」とのコメントを発表しました。

なお、現在も好評の『あやかし陰陽録』については、日本法人解散後もサービスを継続するということです。

《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  6. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  7. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  8. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  9. 世界最大級の格闘ゲーム大会「EVO」日本開催決定!詳細はTGS2016で公開

  10. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

アクセスランキングをもっと見る