人生にゲームをプラスするメディア

小さくなったWiiはファミコンサイズ ― Wii miniハードウェアレポートをご紹介

任天堂 Wii

Wii miniとWiiリモコン
  • Wii miniとWiiリモコン
  • オリジナル版Wiiとの比較
  • Wii mini、オリジナル版Wii、Wii Uとの比較
  • Wii miniをNESとファミコンで比較
  • ディスクドライブはトップローディング方式
  • システム設定画面
  • Wiiチャンネル
  • データ管理画面
海外サイトでWii miniのハードウェアレポートが掲載されていたので紹介したいと思います。

カナダ限定で発売されたWii miniは、スタイリッシュな赤と黒の筐体が印象的で、赤いWiiリモコンとヌンチャクも同梱されています。「mini」と名付けられてはいますが、サイトで公開されている画像を見る限りオリジナルWiiとのサイズ差では「ミニ」と呼べるほど小さくはないようです。さらに過去の任天堂ハードとサイズを比べている写真では、ファミコン(NES)と同じぐらいのサイズだということがわかります。

表面はマット仕上げで、光沢のあるWiiやWii Uと比べて指紋が目立ちにくい印象があり、またディスクドライブは、ポータブルCDドライブのようなトップローディング方式を用いています。Wiiの照光式のフロントローディングドライブに比べてプレミア感は薄れてしまいますが、これもコスト削減のための変更かもしれません。

また、ゲームキューブコントローラー接続用ポートやSDカードスロットも省かれており、USBスロットにLANアダプタを付けても、インターネットに接続することはできなかったようです。

データ管理メニューのセーブデータ項目では、オリジナル版Wiiの場合、SDカードやゲームキューブも表示されていますが、Wii miniではWii本体のアイコンだけになっており、独自のファームウェアであることがわかります。さらに、設定メニューにあるインターネットの項目も削除されていました。

TV接続用のケーブルとしてはAVケーブルが同梱されていますが、最近の大画面TVではどうしてもぼやけた画像になってしまいがちです。オリジナル版Wiiでは480p対応のコンポーネントAVケーブルが別売りで用意されていますが、試しにWii miniに使用したところ画面が映らなかったようです。つまりWii miniでは、あざやかでくっきりとした画面が期待できないということになりそうです。

全体的に物足りないという印象が強いWii miniですが、従来のWiiユーザーとは異なる層がターゲットユーザーになっており、わずか99ドルで手軽に購入できるパッケージは、市場での強みになるのかもしれません。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハン ダブルクロス』更新データ「ver1.1.0」配信開始、真鎧玉などがもらえる「ハンター支援セット」も

    『モンハン ダブルクロス』更新データ「ver1.1.0」配信開始、真鎧玉などがもらえる「ハンター支援セット」も

  2. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』はミニゲームも盛り沢山! 『マリオスポーツ スーパースターズ』にも迫る

    「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』はミニゲームも盛り沢山! 『マリオスポーツ スーパースターズ』にも迫る

  3. 『ポケモン サン・ムーン』世界大会のネット予選に参加すると「バシャーモナイト」などがもらえる!「WCS2017」概要も

    『ポケモン サン・ムーン』世界大会のネット予選に参加すると「バシャーモナイト」などがもらえる!「WCS2017」概要も

  4. N64本体をスイッチ用ドックに改造したユーザー現る

  5. 『スプラトゥーン2』には新たなギアパワーも登場か?ギアおよびギアパワーの情報が一部公開

  6. 3DS『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』キャラ&ゲームシステム情報などが公開

  7. ニンテンドースイッチに『メタルスラッグ』登場! 3月30日より配信開始

  8. 3DS『FE エコーズ』映像で新要素を紹介─装備品を使い続けて「戦技」を取得、1手単位で巻き戻す「ミラの歯車」など

  9. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  10. 『モンハン ダブルクロス』見た目と性能を組み合わせる「防具合成」や装備を鍛え上げる「限界突破」など新要素に迫る

アクセスランキングをもっと見る