人生にゲームをプラスするメディア

コーエーテクモ、競馬シミュレーション最新作『Winning Post 7 2013』3機種で来春発売

ソニー PS3

レースシーン
  • レースシーン
  • 育成ライバル騎手(サシウマ提案)
  • 育成ライバル騎手(出会い)
  • 実在馬イベント(ルーラーシップ)
  • ゴールドシップ
  • ゴールドシップ
  • ジェンティルドンナ
  • 『Winning Post 7 2013』メインビジュアル
コーエーテクモゲームスは、PS3/PSP/PCソフト『Winning Post 7 2013』を発売すると発表しました。

『Winning Post』シリーズは、プレイヤーが「中央競馬を模した箱庭競馬世界」のオーナーブリーダー(馬主兼生産者)となり、競馬界に携わる人々と出会いながら、名馬を輩出していく喜びを味わう本格派競馬シミュレーションゲームです。

最新作となる『Winning Post 7 2013』は、過去20数年間に及ぶ膨大な実在馬データと史実に絡めたリアルなイベントにより、競馬の歴史を追体験しながら自分だけの箱庭世界を構築できることが最大の特徴です。実在馬をときにはライバル、時には愛馬として登場させ、名馬たちとドラマティックに関わり合う感動を表現しています。

プレイヤーは、愛馬の成長を見守りつつ、競馬に関わるさまざまな人々と人間関係を築いたり、牧場の経営やクラブの設立など多くの決断を下しながら、馬主として活動していきます。最終的に、「国内や海外のGI制覇」「年度代表馬を育てる」「自分の生産馬で零細血脈を復興させる」など、プレイヤーがそれぞれ思い描く“世界一のホースマン”を目指してください。

なお、PS3/PSP版に先駆けPC版が2月15日に発売されます。価格は8,190円(税込)となっています。

『Winning Post 7 2010』は2013年3月14日発売予定。価格はPS3版が7,560円(税込)、PSP版が5,040円(税込)です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《池本淳》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『蒼き革命のヴァルキュリア』帝国四将が操る大型機械「重咒機」戦のポイントを解説

    『蒼き革命のヴァルキュリア』帝国四将が操る大型機械「重咒機」戦のポイントを解説

  2. ダーク戦国アクションRPG『仁王』のマスターアップが遂に報告!―特別番組第3回も放送決定

    ダーク戦国アクションRPG『仁王』のマスターアップが遂に報告!―特別番組第3回も放送決定

  3. PSVRの追加販売決定! 『バイオハザード7』と同日の1月26日より

    PSVRの追加販売決定! 『バイオハザード7』と同日の1月26日より

  4. 『よるのないくに2』が再延期、2017年発売に変更…更なるクオリティアップのため

  5. 【PS Vita DL販売ランキング】『エビコレ+ アマガミ』首位へ、2位『咲-Saki-全国編Plus』ランクイン(1/13)

  6. PS4『仁王』最新情報が公開―本多忠勝などの東軍武将がウィリアムと対峙!?

  7. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  8. 『GRAVITY DAZE 2』「キトゥン」の服は想像以上に複雑!?キャラデザの斎藤俊介が明かす

  9. 『Gジェネ ジェネシス』DLC第1弾の配信開始! 巨大すぎる「サイコ・ハロ」が登場する無料ステージも

  10. 【インタビュー】『地球防衛軍5』はどこが進化し、『しあわせ荘の管理人さん。』はなぜこのグラフィックで、『スクールガールゾンビハンター』はなぜ服が破けるのか

アクセスランキングをもっと見る